ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    メンヘラ

    146: 恋人は名無しさん 投稿日:2006/12/02(土) 01:48:20
    2ヶ月付き合った元彼・K太との修羅場を投下します。
    ちょうど夏の私の誕生日あたりのことでした。
    お互い大学生なので、家でほのぼのケーキ食べるくらいかなぁと思っていたら
    私の欲しがっていた財布をプレゼントしてくれた上に、ペアリングを買ってくれ、高くて行ったことのないようなレストランに行ったりと
    お金のかけように驚きましたが、嬉しかったです。
    ちょうどその頃からK太が私の家に入り浸り半同棲状態になっていました。

    でもそれがいけなかったです。

    私は大切な写真や物を、大きめのジュエリーボックスにいれて保管してるのですが、
    K太にはまだそのことを言ってませんでした。

    そしてある日私がバイトから帰ると、いつも通り元彼が部屋に上がりこんでました。
    けどなにやら家の中の様子が変…
    必ず「おかえり」と言うはずなのに返事がない。

    なんかあった!?と思い部屋に入ると

    食器棚は壊れてるし、タンスの中の物は飛び出てるし、
    ソファーはひっくり返ってるしでぐちゃぐちゃに部屋が散らかってました。

    そこに殺気立ったK太が座ってました。
    そしてK太の目の前のテーブルには私のジュエリーボックス。


    147: 恋人は名無しさん 投稿日:2006/12/02(土) 01:50:58
    私は凄まじい部屋の光景に驚き放心状態で
    私「なにこれ?なにあったの?」
    と聞くとK太は無表情で
    「お前がそんな奴だと思わなかった。」
    「そんなに元彼引きずるなら別れればいいじゃねーか」
    「俺がいるのに最低な女だ」

    など意味の分からないことを一方的にな゛ーっと喋りだし、すごい勢いで暴れ出しました(窓ガラス割れた)

    状況の飲み込めない私。
    「なにが?なんの話?私過去の恋愛は引きずらないタイプだし」

    と弁解すると
    彼がすごい形相で私の頭を掴み、ジュエリーボックスに私の顔を押しつけると

    K太「これだよ!この中に元彼との写真やらアクセやら大事にとっておきやがって!」
    とみたいなことを言ってきました。

    どうやら元彼は私が元彼から貰ったアクセやおもちゃを
    大事にとっておいてると勘違いしているようでした…。


    【【修羅場】 私と同じくらいしかバイトをしてない彼氏の羽振りがよかった理由・・・】の続きを読む

    人気記事

    622: 恋人は名無しさん 03/01/30 14:49
    私は20歳のころ専門学校に通ってたのですが、
    鬱と睡眠障害でした。
    お酒飲まないとやってらんねーよ。てな感じで
    たまに急性アル中の手前まで飲んでたこともありました。

    そのころからネットをはじめて、あるHPで
    雑談したりしてしばらく遊んだり、
    またある時は相談に乗ってもらってたりしてたんです。
    そこはメンヘル系じゃなく、ただ雑談系だったのですが、
    冗談交じりで元気付けようとかしてくれて、
    泣きながら笑ってたこともありました。
    ある時誘われてオフ会に参加することになりました。

    623: 恋人は名無しさん 03/01/30 14:49
    ネットの中では仲良くなっても実際にはどうなんだろう。
    ってすっごいドキドキしてて、
    でも実際には別に普通の(オタ系想像してました)方々
    だったのでとりあえず安心しました。

    そのころ、学校以外での友達、特に年齢にこだわらない
    友達ができてすごくうれしかったです。
    そのHPでも特に仲良かった男性(仮にAさん)とはメールとかもしてて、
    会った時に、携帯のアドレスと番号を交換しました。
    それから1ヶ月ぐらいずつオフ会という名の飲み会が楽しみになりました。

    私の生活のほうは、学校でのレポート提出やらその他いろいろで
    完全に参ってしまい自殺未遂なことをしてしまい、
    精神科に入院したんですねぇ。

    そしたらなんか、不安と寂しさで苦しくなっちゃって、、、

    【鬱と睡眠障害の♀がオフ会に参加した結果・・・【メンヘラ】】の続きを読む

    875: 恋人は名無しさん 03/02/22 20:44
    付き合って1年の彼氏がいます。
    結婚前提で同棲予定でしたが、
    彼氏が事故に合ってしまい、意識不明の重体になってしまいました。

    その時病院で、体から薬物反応と自殺である事を知りました。
    彼氏と付き合ってからほぼ毎日会っていたのに、
    そこまで悩んでいた彼氏に気づかなかった事を責め、毎日病院に通ってました。

    ある日意識が戻った日に、一方的に「別れてくれ」と彼氏に言われ、
    あまりのショックに私も自殺未遂をしてしまいました。

    当然、私の親は怒り、
    絶対に連絡をとるなときつく言われましたが
    私の退院後連絡をとるようになり、ヨリが戻ってしまいました…。

    親には秘密で会ってますが、
    彼に会える幸せな気持ちな半面、
    親に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです…。
    第三者の目から見れば別れた方がいいに決まっているんでしょうが…。

    どうしていいか分からず苦しんでます…。



    【付き合って1年の彼氏が事故に合ってしまい意識不明の重体。。。【メンヘラ話】】の続きを読む

    939: こすこす 投稿日:2007/01/17(水) 23:48:09 ID:ly472HI30
    私が大学生時代の話ですが、
    3年程つきあっていた彼女がいたのですが
    彼女がメンヘル気味だということと、
    恋愛感情が消滅したということで
    別れることになりました。


    しかし、嫌いになったというわけでもないので、
    その後も友達付き合いをしていくつもりでした。

    彼女は公務員を目指していたのですが、
    それのための講座費が足りないと
    別れた後に相談してきたので、数十万程貸しました。
    人間的な所では信用していたので、
    公務員合格したら給料から少しずつ
    返してくれたらいいよという約束で・・・。


    940: こすこす 投稿日:2007/01/17(水) 23:53:28 ID:ly472HI30
    その後、彼女が「新しい彼氏ができた」と報告。
    それは喜ばしいことなので素直に祝福しました。
    なんでもバイト先の会社に関係する営業マンとのこと。

    それから数ヶ月後、彼女から電話がきました。
    どうやらかなり酔っている模様。
    どうしたのかと聞いてみると、
    「実は今付き合っている彼氏には妻子がいる。嘘ついててごめん」
    とのこと。私に謝る理由がそもそもわからない上に、
    不倫をするような子だと思わなかったのでかなりショックでした。
    3年間付き合ってもわからないことなんてあるんだなぁと実感。

    その告白に対して怒ったりはしなかったものの
    「不倫は一生十字架せおうぞ!相手の子供にうらまれるぞ。
     そもそも不倫をするような男と付き合う価値あるのか」
    等と諭したものの、全く効果無し。


    【【修羅場】 ウソつきメンヘラーの彼女と別れた結果・・・】の続きを読む

    791: 人生最悪の日 投稿日:2007/01/16(火) 02:58:09 ID:0d2KV4LD0
    つい昨日に発覚し、
    ある意味で俺一人修羅場中な修羅場。

    今日気の置けない友人に話してみたところ、
    「もう終わってるだろ、それ」と言われた(´・ω・`) 
    俺もかなりそう思ってる。
    でも一応まだ修羅場継続中……。

    俺(26):Y助――社会人3年目
    彼女(26):A子――修士2年。メンヘラ
    間男(27):M太――博士2年。A子の先輩(Y助面識なし)


    最初に概略。
    俺と彼女は昨日までで約9ヶ月の付き合い。
    知り合ったきっかけは、俺の友人と彼女が知り合いだったこと。
    出会いを諦めていた俺だったが、
    これが運命とばかりにアタックをかけて付き合うことに。

    それ以来、ケンカはあったものの、まぁ比較的上手くやれていた。
    最後の一ヶ月除いて。

    事実、ラスト一ヶ月は主観を交えないように話してみて、
    友人的には全く俺に非はなし。
    復讐など考えずに別れるべし、と言ってるくらい。

    修羅場の原因は、頭と股の緩い彼女が「浮気した」こと。
    俺的には完璧に浮気で終わったと思ってるし、
    再構築は彼女が完全に奴隷化する
    以外ありえないと思ってる。
    その辺りの俺の思いは、以下を読んで各自で判断していただきたい。

    事の起こりから、箇条書き風味に行こうと思う。
    正直、今はまだ怒りに震えていて冷静に書ききる自信がない。


    【【修羅場】メンヘラ彼女が爆発したwwwwww 】の続きを読む

    このページのトップヘ