593: 投稿日:2009/09/28(月) 09:52:33 ID:K9SPs845
調理師の専門出てて、
今小料理屋で調理師やってる。
それで彼氏にも色々料理を作ってたんだけど
「なんかこんなにこった料理もいいけど、たまにはおふくろの味が食べたいな」
と言われた。

でも煮物とか、昔ながらの料理もよく作ってたし
彼のおふくろの味って?と職業的ワクワク感が湧き、
彼の家に行った時彼母に
「彼がおふくろの味が食べたいって言うんで教えてください」とお願いした。

彼母は最初「いい年した息子にそんな事言われるの恥ずかしいわ」
なんて笑ってたけど、一緒にスーパーに行って買い出しに。

「ゆっちゃんはこれが好きなのよ」とちゃん付けになり
冷凍チキンナゲット、ミートボール、
コーンスープ、惣菜の唐揚げとマカロニサラダを籠に。

私は驚いた。
突然彼母が彼の事をゆっちゃん、と呼んだ事も驚いたけど、
そのままレジに行き、彼母が
「あっ、ハンバーグ!彼女さん持ってきて!急いで!」と言われ、
これでいいのかな?と肉売り場の手ごねハンバーグとかを持ってきたら
彼母大きなため息ついて「ああーまったく!これじゃなくて!」
白い袋のイシイ?とかのヤツを持ってきた。

「少しはゆっちゃんの好みの物覚えてねっ!全くもう」と怒られ、
家に帰る途中、凄く嫌味っぽい口調でいかにゆっちゃんがこれを好きだったか、
やっぱり私は母親だから、とか色々言われた。

家に帰ったら「さーおかあさん張り切っちゃうよ」
とか言い出して料理開始。
張り切るって事はこれを使ったオリジナル料理を!とか思ったら何にもない。

いかにもどうよ!!って感じで
「揚げ物はトースターで温めるといいのよ!」とか、
「ミートボールは湯煎よ!レンジではあまりおいしく出来ないから!」
とかそんなん。
そして魚肉ソーセージのオムライスを作り、
「さー出来たわよー!ゆっちゃんあったかいウチに食べなさい!」とか言って
彼も「お!ごちそうだな!」とか。

【【恋が冷めた瞬間】 彼氏「なんかこんなにこった料理もいいけど、たまにはおふくろの味が食べたいな」】の続きを読む