ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    修羅場

    455: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/22(火) 12:38:36.70 ID:ji6rdEck
    高校でのできごと。
    学校の先生(妻子持ち♂)と某イケメンアーティストが自分を取り合うとかいうお花畑なプチ小説を半分寝ぼけながらルーズリーフに書いていた。

    自分の名前まで出して
    小っ恥ずかしい出来だったけれど、まぁ自己満足だと思っていた。

    しばらくして、提出し返却されたノートを開いて、
    そのルーズリーフがはさまってた時が一番の脳内での修羅場。

    一番初めのページに挟んであったから
    きっと提出された先生も読んだはず……
    とか考えてたら本当に死にたくなってずっと顔を伏せてた。

    それからの授業で、やたらにそのアーティストの話をされる気がするのは気のせいか。

    456: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/22(火) 12:43:03.76 ID:+H5juaML
    >>455
    残念ながら気のせいでは御座いませんよ

    【【修羅場】 学校の先生と某イケメンアーティストが自分を取り合う小説を書いた結果・・・】の続きを読む

    人気記事

    419: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/20(日) 05:58:09.51 ID:ZwOwWvLV
    私も当事者だけど、甥(旦那の兄の子)の人生が修羅場
    甥は、我が家に養子入りして既に息子だけど、紛らわしいので文中は甥で統一
    あと、一部フェイク入れるので矛盾あったらすみません

    うちに来るまでの甥の人生をダイジェストにすると、
    母親(義兄嫁)の不倫がきっかけで
    両親離婚するも、捏造DVとかで親権は母方に
    →元義兄嫁、不倫相手にかまけて養育費で贅沢三昧。甥はネグレクトされて死に掛ける

    →義兄(再婚してマスオさん状態)に引き取られるも、再婚相手や連れ子から窃盗とかの冤罪かけられて追い出される

    →叔父家(旦那、私、娘)に引き取られる

    旦那は私に頭下げて、私の負担にも気を使ってくれたし、私も子沢山家族の長女なので「まあ、人生そういうこともある」くらいだったけど、
    うちに来た頃(8歳)の甥は、もうボロボロだった

    DQNガキどころか礼儀正しいんだけど
    「生まれてきてごめんなさい」を地でいくというか、
    常に旦那と私を気にして怯えるみたいに部屋の隅にいた

    優しい子だから学校では
    少しは友達も出来たみたいだけど、
    やっぱり遠慮ばっかりしているみたいで、
    私と旦那に優しくされたり何か買ってもらっても「迷惑(負担)かけてごめんなさい」って感じでとにかく周囲に気を使っていたけど、意外なところで救いの手が

    420: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/20(日) 06:00:47.61 ID:ZwOwWvLV
    うちの実子である娘(甥の五歳下)がすごく甥になついた
    子犬みたいというか、甥が家のどこにいても
    「かまって、かまって!」みたいに近づいていくし、
    少し見つからないと甥が慌てて出てくるまで号泣する

    娘の面倒見ることで
    いてもよい居場所がつくれたと思えたのか、
    同情とか迷惑かけてるんじゃないかと思われてしまう大人相手と違い、娘が全力で大好きでいてくれるのが分かったのか、
    甥も少しずつ笑うようになったし、私たちにも「ごめんなさい」より「ありがとう」が多くなった

    甥が中学に入るときに、
    義兄・元義兄嫁の了解を得て正式に私夫婦の養子にした
    甥が我が家に来る時、金払ったからと
    後でグダグダと言われたくないから
    養育費の類は断っていて、義兄は頭下げて「よろしく頼む」といった感じ
    元義兄嫁は不倫相手と、その間にできた娘に夢中で、あんなガキなんか知らねって感じ

    甥の苗字は義兄側に引き取られた時に変わって
    我が家と同じだったし、娘は甥が実の兄ではないと知らなかったのでそのまま伏せてた
    甥は中学で運動部に入って
    活発さを取り戻して友達とよく遊ぶようになったし、
    「父さん」「母さん」と私たち夫婦を呼ぶのも自然になっていた
    娘も学校でできた友達と遊ぶことは多かったけど、相変わらず兄大好き

    【【修羅場】 ネグレクトされウチの養子になった息子に生みの親が会いに来た結果・・・】の続きを読む

    404: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/19(土) 13:53:29.88 ID:3ltPSCqO
    バイクで信号待ちしてたら車に釜掘られた
    どういう力が働いたのかは分からないけど
    こちらの損害はウインカーとブレーキランプが割れたのみ
    (もしかしたらフレームも歪んだかもしれないけど)

    相手はエアバッグが作動
    赤ん坊にチャイルドシートを使わず
    おんぶ紐でだっこしながら運転してたらし赤ん坊がくぐったりしてた

    医療関係の仕事をしていた俺は
    救急隊が現着するまでに
    意識や呼吸だけでも確認しておこうと赤ん坊に触ろうとしたんだけど
    母親が錯乱して
    「あいつがこの子をーーーーー!!!!
    誰か助けてーーーーーーーーー!!!!」
    って叫んだもんだからいかついトラックのおっちゃんに地面に組み伏せられる

    到着した救急隊は運悪く知り合いで
    錯乱する母親と取り押さえられてる俺の図を目撃された
    職場でも地元でも噂が広まりいろいろな尾ひれがついたメールが多数

    で、言い訳御行で明日一日が潰れる予定orz

    【【修羅場】 交通事故を起こした挙句、チャイルドシートを使わなかった母親が錯乱】の続きを読む

    339: 名無しさん@HOME 2012/05/24(木) 16:42:38.60 0
    珍しく旦那が平日休みの日、
    外から物干し竿を売る車の音声が聞こえました。
    テープの音声では一本500円とのこと
    安い!!

    ちょうど買い替えを考えて色々見ていた時期だったので
    慌てて飛び出して車を捕まえました。
    欲しかった伸縮竿はなかったのですが、
    こちらの好みの長さにカットしてもらえるとのこと
    まあ、物干し竿の長さを変えることなんて滅多にないし
    オーダーメイドで作ってくれるならいいかと思い、4本注文しました。

    ところが、代金の500円×4本=2千円を払おうとしたら
    業者の人は
    「毎度。5万円になります」
    とのこと。
    それはおかしい一本500円だって言ってたと抗議したら
    「それは30年前の価格で、今の販売価格じゃない」
    とのことでした。

    確かにテープから流れる音声では
    「…一本500円。30年前の価格です…」
    とはいってましたが・・・

    私が、そんな高いんじゃいらないと言うと
    今までにニコニコしてた業者の人は急に大声を出して
    「あ!?舐めてんのかコラ。
    もう切り終わってんだろうが?
    どうしてくれんだよ、これ?」
    と言いはじめました。

    【【修羅場】 物干し竿を買おうとした結果・・・】の続きを読む

    331: 名無しさん@HOME 2012/05/24(木) 16:19:35.93 0
    自分の中で落ち着いてきたので書いてみます
    少し後味が悪く、性的な話もあるので注意


    小さい頃から親からネグレクトだった
    私に色々としてくれたのは叔父さんだった
    家が貧乏で食べるものにも困ってたときに
    外食に連れていってくれたり、さらに可愛い洋服なんかも買ってくれたりした

    そんな叔父さんが
    私が中学に入ったときから性的な行為をしてくるようになった
    物凄く嫌で嫌で堪らなかったが
    行為をしなければ飢えてしまうし、着るものもなくなってしまう
    だから絶えないといけない!私が我慢すればいいんだと、ひたすら耐えていました

    行為は始めは回数も少なかったが、
    どんどん増えていき酷いときには毎日でした
    さらに行為自体もエスカレートしていき、
    車の中や外が当たり前になり、
    毛を剃られそれを叔父さんの財布の中に入れたりもしました

    そんな中で高校卒業をし
    社会人になった中で何かが切れ、
    このままじゃいけない、
    いろいろ買ってくれてたりした恩はあるけどこのままじゃいけない!
    そう思い行為になろうとした時に
    思い切り暴れ、どこかの公園に放置されましたがスッキリしました

    それから何年か過ぎたころ、
    父から叔父さんがくも膜下出血で亡くなったと、それを聞いたとき思わず因果応報で、当然のことだと思ったのが私の修羅場です


    332: 名無しさん@HOME 2012/05/24(木) 16:21:42.03 0
    因果応報だ、と思ったのが修羅場で、それ以前の部分は修羅場じゃないの?

    【【修羅場】 ネグレクトの両親。面倒を見てくれた叔父が年頃になると・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ