ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    修羅場

    603: 恋人は名無しさん 2011/08/27(土) 19:05:00.14 ID:JecwNaqm0
    俺:29 専門職
    相手:28 家事手伝い

    親父同士が元同僚で
    相手の父親は俺の今の上司。
    幼い頃からの知り合いで俺の初恋はその子。
    一年前にふとしたきっかけでエッチすることに。

    ほどなく相手の父親にばれて結婚の流れへ。
    所が、彼女には他に好きな男がいてセフレ状態なのが発覚。
    別れ話を切り出すと
    「別れる気はない、結婚する」と言われた。

    604: 恋人は名無しさん 2011/08/27(土) 19:10:37.42 ID:JecwNaqm0
    彼女の主張をまとめると
    「人としては好きだし親もとても喜んでいるので結婚したい。」
    「正式に結婚したらセフレとは会わない、ゴムもちゃんとつけさせてる。」
    「結婚したら好きになる努力をするをするし不倫もしない。」

    辛過ぎて別れたいが
    別れたら完全に破滅する。

    本当の事を言えば
    許してもらえるかもしれないが、幼い頃から知ってて
    上司でもある相手の父にそんなこといえない。
    会えば好きだからエッチしてしまって後で物凄くへこむ。

    606: 恋人は名無しさん 2011/08/27(土) 19:22:51.97 ID:hTLHbcxt0
    いや本当のこと言えよ…。
    そんなクソビッチと結婚しても浮気され放題なのが目に見えてる。

    【【修羅場】 都合のいい男なのは分かっているけど、切れない】の続きを読む

    人気記事

    585: 1/2 2011/08/26(金) 22:26:07.05 ID:7pyP7AJ60
    俺、修羅場スレとか読んでたから、
    何かあった時のためにと思ってICレコーダー買ったんだけど、実際、ICレコーダーのお世話になることなんてなかったから全然使ってなかったんだよね。

    でも、
    「彼女の様子が最近おかしいな、もしや出番かな?」
    って思うことがあって、悶々としてたら、案の定浮気してやがった。

    問い詰めたら、相手は同じ大学の奴で
    (俺と彼女は同じサークル、相手は違う)、しかも俺が遊びで相手が本命だとさ。

    あんたは都合のいいATM
    本命の都合がつかないときに会ってやった
    あんたなんかを相手にしてやっただけ感謝しろ
    周りは私の言うことを聞く。あんたのことは信じない
    等、ありがたいお言葉をいただいた。

    【【修羅場】 簡潔な修羅場に秀逸なツッコミ】の続きを読む

    533: 恋人は名無しさん 2011/08/24(水) 16:36:17.92 ID:Cjlk24WS0
    久々に悪夢を見て思い出したので投下

    A男…家庭教師バイト先で、担当のJKに猛アプローチを受けてうざかったため、自分でそのJKの担当を降りた
    A子…私子の友達、A男の彼女

    私子…彼男の彼女。家は一軒家、庭あり
    彼男…家庭教師バイト。A男の代わりにJKを引き継がされたが、JKが反抗的で閉口している

    以上4人は友達、全員20歳

    JK 女子高生、受験生  


    534: 恋人は名無しさん 2011/08/24(水) 16:39:40.75 ID:Cjlk24WS0
    夜~朝にかけて、雪が積もるくらい降っていたある日。
    私子家では、誰も起きていない休日の朝なのに、庭に足跡がたくさん!という事件が発生。

    警察へ通報する?と家族会議してみたが、
    近所の子供の仕業かも、と思いとりあえず放置。

    その日の夜、私子一家は
    夕食も終わり、デザートを食べていた。
    カーテンを閉めた庭に通じる引き戸(ガラス張り)から、ダンダンと音がする。

    吹雪ひどいなあ、外出てみるか、
    と妹とともにカーテンを開けてみた
    自然に、ガラス張りの引き戸を見た。

    暗闇の中に
    黒い衣装を着たクラウザーさんが立っていた。

    536: 恋人は名無しさん 2011/08/24(水) 16:44:06.00 ID:Cjlk24WS0
    しばし唖然としながら見つめ合う
    私とクラウザーさん(仮) 妹は咄嗟に引き戸の鍵を確認したという。

    クラウザーさん(仮)は
    ヘ○ヘ
       |∧   威嚇のポーズ(?)
      /

    をしたかと思うと、
    ドアをドンドンドンドンドンドンドンドン叩く。真冬のホラー(((;゚Д゚))))

    さすがに食卓から出てきた父と母も一瞬固まる。
    が、父と母が瞬時に我々をどかした。
    クラウザーさんは父母を見ると逃げようとして、転んだ。

    引き戸を開けて父母二人で突進、
    逃げるクラウザーさん(仮)を取り押さえた。
    ここまでほとんど全員が無言だった気がする。
    叫んだのかどうかもあまり覚えていないorz

    【【修羅場】 冬の夜に窓を開けると黒装束のクラウザーが・・・】の続きを読む

    488: ◆KCLjvy.5j. 2011/08/22(月) 16:37:07.02 ID:3OPuFpOk0
    私子:私、当時20歳、派手
    彼男:当時の彼氏、26歳、旧帝卒のフリーター、作家志望

    当時、何故か今思うと心が病んでて
    愛とか恋とかを綺麗ごとのように感じて嫌悪感を抱いてた。

    セックスなんて誰とヤっても同じだし、
    好きだの付き合うだの馬鹿みたい、みたいな。
    たぶん、高校生の頃
    10歳年上のナンパしてきた男にホイホイついてってそのままヤられたのが初体験で、なんやかんやでその後もその男のおもちゃにされて色々仕込まれてるうちに感覚が狂ってたんだと思う。

    彼氏が居たこともあったけど
    好きって感情がよくわからなかったし、
    気持ちいいのが好きだからセックスするだけって感じだった。

    で、そんな私が19歳の時に
    バイト先に後輩として入ってきたのが彼男。
    第一印象は「ナヨナヨしてっからアイツぜってーホモだわww」と勝手に思っていて、なんとなく1ヶ月くらい口を全くきかなかった。
    けど、ひょんとしたことがきっかけで
    しゃべってみたら、高学歴なだけあって頭の回転が早く、
    作家志望なせいか独特の世界観を持っていて、すごい話してて面白い。

    そしてそれから彼男は私の心の友になった。

    489: ◆KCLjvy.5j. 2011/08/22(月) 16:38:52.23 ID:3OPuFpOk0
    しかし心の友だと思っていたのは私だけだったらしい。
    彼男はよく自身のセックス論のようなものを村上春樹ばりに語るのだが、その延長で
    「私子の心が見たい」
    「私子とセックスしてみたい」
    と言うようになった。

    阿呆で鈍い私は「キモいwww」
    と適当にあしらっていたのだが、エスカレートして
    「私子は俺にとって太陽みたいな存在だわ」
    と言うようになり、流石の私も「アレ?」と思い始める。

    流石にアレだなと思い
    「彼男は大切な友達だから、失いたくないからセックスできないよ」
    と微妙に的外れな答えを返すようにする。
    この時の私は「彼男はそんなに私とセックスがしたいのかー(^^;」と思っていた。

    しかし彼男は
    「それでも私子は俺の憧れだ」といい続ける。
    そして見かねた共通の友人が私に
    「彼男は私子のこと好きなんだよ!
    アイツは言い方がキモいけど、私子が純粋に好きなんだよ!!」
    と言い、ようやく「え!?そうなん!!??」と気づく。

    恋愛事が大嫌いだった私は
    彼男の愛や恋について
    綺麗ごとを言わない所が好きだったんだが、
    それを聞いて無償にモヤモヤし始める。
    結局彼男も世の馬鹿どもと一緒か。
    でもアイツのことは尊敬してる。うーん・・・。みたいな感じで。

    そして私は結論を出した。
    「おい、彼男。セックスしてやるよ。」
    これが2人の付き合いの始まり。

    【【修羅場】 本人にとって良い思い出を聞かされ、モヤッとする話】の続きを読む

    464: 恋人は名無しさん 2011/08/22(月) 11:46:09.24 ID:MdSBhsTa0
    他のカップルの話で、自分は巻き込まれた側だけど投下してみる。

    私→25歳 女
    A男→27~29歳
    B女→21~24歳

    A男の出会いは電車の中だった。
    私が困り事をしていて、
    それをA男が手助けしてくれた。
    向こうから
    「こうやって知り合えたのも何かの縁だから」
    と連絡先を訊ねられ
    後日お礼をするという事で私もすんなり了承した。

    しばらくして、
    私は一人暮らしをすることになったのだが
    そこがなんとA男の住んでいるアパートのすぐ近くだった。

    特にA男に好意があったわけではないけど、一応ご近所さんになるわけだから…と
    タオルを渡しにA男の家を訪ねた。
    呼び鈴を何度か鳴らすも出ないので、
    玄関口のところにタオルを挟もうと思って屈んだ時
    ギィィとゆっくりドアが開いた。

    467: 恋人は名無しさん 2011/08/22(月) 11:58:23.35 ID:MdSBhsTa0
    見上げると数センチの隙間から
    女の人が顔を覗かせていた。


    私がびっくりして
    「あっ、すみません近所に越しt」と話している最中に向こうはドアを閉めた。
    何故女の人が出てきたのか、
    自分が部屋を間違えたのか、など色々な事を考えたが
    引っ越して間もなく忙しい日々が続いたのでそんな事はすぐに忘れてしまっていた。
    A男とも、近所だという話をメールでして以来連絡はとってなかった。

    ある日、私のアパートが
    断水区域に入り2~3時間水が使えないという旨が書いた紙がポストに入っていた。
    その日は出かけていたのだが、
    帰りに大雨が降ってきて
    更にはトラックに泥水を浴びせられて、散々な格好で家まで帰ってきた。
     
    断水はしてるしどうしようかなぁ…
    と考えているとそこにちょうど通り掛かったA男が
    「大丈夫!?
    うちは断水区域に入ってないから水使えるから風呂入りなよ!早く!」
    と親切にもお風呂を貸してくれた。今考えると私もアホだと思う

    【【修羅場】 親切な男の人がシャワーを貸してくれると言うので、部屋に入った】の続きを読む

    このページのトップヘ