ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    修羅場

    849: 名無しさん@HOME 2012/07/16(月) 19:24:07.36 0
    山口県の道の駅で車内泊をしていたら、
    バックミラーに黒い人影が見えた。

    まだ夕方で明るくて、
    売店も開いていたし人も多かったけど
    私が車を止めた場所は木陰で、人気が無かった。

    既にシートを倒して寝る体勢になっていたので
    「無人だと勘違いした車上荒らしが、車の周りをうろついている?」
    と思い、いきなり起きあがって人影を睨み付けた。

    熊でした。

    多分月の輪熊。
    体長は1m30cm位。真っ黒だった。

    私もビックリしたけど、熊もビックリしたみたいで
    二本立ちになって車の窓に手を掛けた。
    4駆だったんだけど、車がユサッと揺れた。

    私はパニックをおこしながらも、
    何故か心の半分が冷静で
    道の駅の前に遊具がある公園があって、
    そこに小さな子供が沢山いるのが見えて
    「まずい!周りに知らせないと!!子供が危険だ!!」
    とクラクションをひたすら連打。

    何人かがこっちを見て、
    熊に気付き子供達を建物に誘導し始めた。

    熊が遊具の方に行こうとしたので
    考えるより先に車の窓を開けて
    車の中にあったおにぎりを、遊具と反対の方向に投げた。

    熊がおにぎりを食べ終わると、
    蓋を開けたペットボトルジュースを投げ
    次にお菓子を投げた。

    お菓子はおにぎりやジュースほど
    遠くに飛ばず、車の3mほど先に落ちて
    熊が車に再接近してきた。

    でもその間に外にいた人たちは
    全員建物に入っていた。
    自分の命をなげうって。
    とか英雄的な事を考えていたわけでは無く
    ただ、「クマー!!!」→「子供!危険!」→「時間稼ぎ!」→「皆安全!良かったー!!」て感じだった。

    けど、気付くと外には熊と自分の1体1。
    熊が本気を出せば車の窓なんて
    簡単に割れる!と再度パニック。

    その時、ふと車のキーに付けていた
    マスコットが目に入った。
    あとは考えるより先にエンジンを掛けて、
    クラクションを鳴らしながら熊に向かっていった。

    熊を車で追いかけ回す私。
    端から見たら立派な動物虐待ww

    【【修羅場】 バックミラーに映った黒い人影の招待が怖すぎた】の続きを読む

    人気記事

    799: 2/1 2012/07/16(月) 13:24:16.85 0
    旦那がラズベリーやブラックベリーを
    なにを思ったのか15株も庭に植えてくれた。

    後で知ったけど、園芸板の
    これだけは植えてはいけない植物スレの常連だったらしい…

    数年後、当然、庭はジャングル状態に。
    ラズベリーはもちろんブラックベリーも山のように取れる。
    たくさんの量が毎日、長い間かけて
    熟すもんだから、摘んでも摘んでもキリがない。

    ジャムにしたいって言う近所の奥さんたちに
    大量におすわけしても減らない、
    学校帰りの子供とかも結構摘みにきてたんだけどね…。

    ヒヨドリの力を借りてすら食べきれませんでした。
    おまけに旦那は色んな品種の色んな時期になる
    木苺とかも植えてくれたもんだから、

    雪の振る冬ですら実がなるのもあったりして
    年がら年中ベリーまみれでした。
    特に初夏~夏が凄くて、梅雨で余ったイチゴが腐るので大変だった。

    まあ、ジャングルもなりすぎで
    腐るのも100歩譲ってよしとしても…大きな問題があった。

    木苺は薔薇科で鋭いとげがある。
    もう庭が歩きづらいし、痛いので、剪定しろと言ったけど
    もはや手のつけようがないと言って嫌がるんです。旦那は

    あと、なんでも希少種もあるとか、思い出の木苺だの
    抜いて欲しくないものまで抜かれると言って庭師に頼むのも嫌だとか言うし…

    【【修羅場】 旦那がラズベリーやブラックベリーを植えまくった結果・・・】の続きを読む

    621: 名無しさん@HOME 2012/07/15(日) 12:49:51.71 0
    先月、自宅に知らない子供が紛れ込んでいた、と書き込んだ者です。
    いろいろあって、また修羅場になりました。

    連休初日、物凄い勢いでピンポンされて出たら、
    宅急便の人が門を指さしてアワアワしてた。
    見たら、知らない子供が門のところでぐったりしてる。(先月とは違う子供)

    繰り返すけど、ウチは子供いない。
    夏の暑さだった地域だし、素人目にも明らかな熱中症。
    私、真っ青。宅急便の人も真っ青。
    とりあえず子供に水をぶっかけて救急車を呼んだ。
    ここが今回第一の修羅場。

    救急車が来て、救急隊員に
    「お母さんも一緒に」と言われ、親じゃないと説明。
    すぐに信じてもらえず、門前で押し問答。

    「それでも母親か!」って怒鳴られても
    実際問題、母親じゃないし。
    近所の人が見に来て、ウチに子供がいない
    と言ってくれたので、私は同乗せずに済んだ。
    ここが第二の修羅場。

    【【修羅場】 自宅の門で知らない子供がグッタリ・・・】の続きを読む

    559: 名無しさん@HOME 2012/07/15(日) 02:16:54.44 0
    中2の時、夏の期末テストの最終日で
    昼頃に学校が終わり帰り道でSCの中にある本屋に寄って参考書を購入

    その後に少しだけファッション誌を立ち読みをしてたら通り過ぎ様に痴漢(お尻をむにっ)された
    初めての経験だったのでかなり戸惑ったが
    後ろを振り返ると明らかに挙動不審の男が通り過ぎようとしていた

    その男の服の袖を掴み
    「今、お尻触りましたよね?」と言った
    「離せよ、それくらい(ry」
    「お尻触りましたよね?」
    「・・・・」
    「(大声で)お尻触っといて逃げるなんて卑怯だー!」
    その男の服を離さずに大声で助けを求めてワーワー叫んでた

    そしたら店内から若い男性(20代半ば)が出てきた
    助けてくれる・・・!と思ったのも束の間、どん底に叩き落とされた
    「やかましいので余所でやってください」
    その隙に手を払いのけて
    痴漢男は逃げようとしたが、
    数メートルの所で服を掴み直しまた応戦
    男性は店内に戻って行ってしまい、第1の修羅場

    数メートル離れた先はSCの入口だが
    一番人通りの少ない場所で
    しかもその店の前が改装中という
    とてつもなくいびつな場所で
    10分以上必死に耐えていた

    痴漢男が逃げようと「離せよ」と
    手を払いのけようとしているのに対して
    中学生が服の袖を離さずに
    応戦しているのに周りの人は奇妙に見えたのだろう

    通りかかった50くらいの女性が
    「ちょっと、大丈夫?」と声をかけてくれた
    「け、警察を・・・!」(←この時も男は逃げようと必死だったが服を離さず)
    「どうしたの?何があったの?」
    「痴漢された、この男に」
    「まあ、貴方(女性の旦那さん?)!すぐに警備員呼んできて!!!」

    続きます

    【【修羅場】 痴漢された中学生の顛末】の続きを読む

    490: 名無しさん@HOME 2012/07/13(金) 23:20:31.73 0
    成人の日、振袖着せてもらって
    飲み会して帰ってきたら、両親が
    二人ともそろって起きて待ってて言われた言葉が、「お前は俺達の子じゃない」でした。

    時間にして22時。
    普段両親21時就寝。
    マジでびっくりしました。

    振袖脱いでかけて、頭も成人式仕様で
    頭に花とか刺さったままだったので、
    全てオフにするため一回風呂に入りました。
    とりあえず素になるまで、私はパニック。

    そして落ち着いた後
    話した内容としては、父が結婚した相手が、浮気して私が生まれる。

    父と血のつながりなし。
    父はそれを知りつつ、生みの母と離婚し、私をひきとる。

    その後私が2歳の時に再婚。
    それが今の母。
    私は、その二人を父母と思って育ってきました。
    「本当の両親は?」と聞いたけど、音信不通なんだとか。
    私に会いたいと一回も言ってこなかった、と言ってました。

    それからもう10年経ちますが、
    まぁ弟と姉弟として過ごしているし
    家族として
    「本当の家族じゃないから!」と遠慮するような時期は終えてるし

    反抗期も普通に過ごさせてもらったので
    特に修羅場なし。
    いきなり玄関で「お前は俺達の子じゃない」と言われ、

    着物脱いでお風呂入ってた時が
    一番修羅場でした。
    レアケースかもしれませんが、幸せなんだなぁと思ったのも含め、書きます。

    【【修羅場】 成人の日、両親「お前は俺達の子じゃない」】の続きを読む

    このページのトップヘ