ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    修羅場

    910: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/05/11(月) 22:04:32 ID:M255A2bt0
    私子23(社会人)
    友子22(私子の高校からの友人 短大生DQN)

    友彼23(友子の彼氏 大学生DQN)
    A男24(友彼の友人 社会人)


    友子とは高校の部活が一緒だったため仲が良かったが
    家の事情で途中退学してしまった私子に
    「私子は高校出てないから^-^」
    と、なんだかんだ見下されるようになり、距離を置いていました

    今年1月のある日、
    スノーボードに友子、友彼、A男の3人で行く事になったが
    A男を私子に紹介したいので、私子も一緒に行かない?と誘われ
    4人で2泊3日のスノーボード旅行に出かけました

    旅行中は友子と友彼が2人っきりで
    フラフラどこかに行ってしまう事が多く
    仕方なく私子とA男は一緒に行動していましたが
    お互いの趣味がスノーボードとネトゲーだった為
    話も合い私子はだんだんA男に惹かれていきました

    旅行が終わった後もA男と連絡を取るようになり
    ネトゲーで一緒に遊んだりと
    体の関係こそは無かったものの私子、
    A男と2人きりで遊ぶようにもなりました

    【【修羅場】 DQN短大生の友人から紹介された男が実は・・・】の続きを読む

    人気記事

    758: 1/4 投稿日:2009/05/24(日) 01:49:27 ID:KLgtCjya0
    嘘つき男との修羅場です。
    フェイクありだから辻褄合わなくても大目にみてね。

    私子:23歳 
    彼男:23歳


    出会ったその日に一目惚れして付き合うことに。
    数ヶ月後にはお互い結婚の約束をして
    両親に報告、母同士は顔合わせを済ませ、
    結婚まで私子が彼男を追う形で同棲を始めた。
    ただ、彼男父が厳しい人らしく彼男も彼男母も
    頭が上がらない様子。
    一事が万事、彼男父に内緒と言われる。
    なので、全て彼男父は蚊帳の外だと思ってください。

    同棲中は生活費・家賃ともに私子持ち。
    彼男は華やかな立場にあり、
    わりとちやほやされて育ったようで
    他人に何か買ってもらったりなどは
    当たり前と思ってた節がありました。

    それは後から気付いたのですが、
    当時私子に仕事もあったのでそれは別に良かった。

    【【修羅場】 嘘つき彼氏が借金を500万円作ったが、そのまま付き合い続けた結果・・・】の続きを読む

    900: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/05/11(月) 10:39:50 ID:3d9sRU8G0
    巻き込まれて個人的には修羅場だった話。スレチならすまん。

    朝青龍似の友人(30歳女性)が
    仕事で出会った取引先のイケメンに恋をした。

    朝青龍はそれまで男性と付き合ったことがなく、
    奥手なので面と向かってイケメンくんに告白はできない。

    だから携帯に「デートにつれてけ」コールしまくり、
    ラブメール攻撃をしてアピール。
    仕事相手だからイケメン君は着信拒否もできず、
    げっそりとやつれてしまった。
    イケメン君には学生時代からの
    長いつきあいの婚約者もいるのだが、朝青龍おかまいなし


    朝青龍は、上司に注意されようが、
    「どうせ自分はイケメン君と結婚して退職するんだから」と無視。
    友人に諫められようが、
    「恋を邪魔する権利は誰にもない」とさらにパワーアップ。

    誕生日に初心者丸出しのぐずぐず手編みのセーターを押しつける、
    待ち伏せして手作り弁当を投下、
    バレンタインデーにもスペシャル手作りスイーツを持参。
    女性に冷たくできないイケメン君、胃に穴が開いてとうとう吐血。

    【【修羅場】 朝青龍似の友人(30歳女性)が仕事で出会った取引先のイケメンに恋をした・・・】の続きを読む

    866: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/05/11(月) 00:36:04 ID:ZnlLlkNQO
    登場人物

    俺→俺、24歳社会人
    A子→俺彼女、21歳大学生


    付き合って2年目で俺は仲良くしてたつもりだった。
    A子はバイトをしてて、綿棒詰めるバイトって言われてた。
    ちなみに時給1500円。仕事も楽だし、時給もいいとのことで、
    A子はいつも金回りが良く、仕事中の時間でも普通にメールしてた。

    でも彼女を信じてたから、そんなもんだと思ってたし、
    ブランドのカバンが増えても、コピー商品で2千円だったと言われて信じてた。

    【【修羅場】 綿棒詰めるバイトをしていた彼女はやたらと金回りが良かった理由・・・】の続きを読む

    928: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/03(火) 08:11:38 ID:ZF95LUM7O
    登場人物(修羅場時)
    自分(大学1年♂)
    1号(高校3年♀)
    2号(大学2年♀)

    A(26才♂)


    登場人物は全て予備校(地元)仲間。
    Aは働いてたけど大検を取るために入った。
    自分も訳あって自主退学して大検を取得。
    東京の大学に無事受かり、冬休みに地元に帰省した時、修羅場は起こった

    Aと1号は付き合って2年。
    予備校時代はみんなフレンドリーで、
    俺も当時の彼女と一緒にA&1号と
    ダブルデートしたり仲良く過ごしていた。

    Aはお世辞にもイケメンとは言えなかったが、
    話がうまくて優しくみんなから慕われていた。
    中でも2号から慕われていたようだった。

    【【修羅場】 予備校で和気あいあいと恋愛していた仲間が進学したその後・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ