ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    修羅場

    739: 名無しさん@HOME 2012/06/24(日) 16:07:14.30 0
    今朝の修羅場。
    うちに雷が落ちた。

    落ちたのは、幸い2階建ての納屋の方で
    平屋の家屋は窓ガラスが割れて、家が揺れただけで無事だった。

    納屋と共有している電気系統が有るんですが、
    たまたま昨日から回線を切っていた。
    回線を繋いだままだったら、
    家屋の電化製品が全部駄目になっていただろうって言われた。

    納屋は少し燃えたけど、うちの祖父が昔
    自警団で小さな消防車(リヤカーみたいなの。

    昭和30年代製)を
    自費購入していて、祖父が引退後は納屋に放置していた。


    消防車を呼んで待っている間に、
    試しに水を入れたら放水出来たので
    タンクに外水道のホース繋いで、家族総出でバケツリレーして火元に放水した。

    大雨だったのもあって、消防車が着いた時には
    完全に消化していて煙も消えていた。
    ポンプ式の井戸みたいに、レバーを上げ下げして、放水するんだけど
    私達が小さい頃、祖父が夏になると水遊びに使ってくれていたので、家族全員使い方を熟知していた。

    最後に使ってから10年以上経つけど、
    ちゃんと動いてくれて頼もしかった。
    割れた窓は今ブルーシートが張ってある。

    明日ガラス屋さんが来てくれる。
    マスコミうざい。勝手に庭に入るな!
    隣家まで歩いて10分の田舎で、
    家の周りの田圃には水が張ってあるので
    人様の家に延焼の心配はないだろうけど、超怖かった!
    死んだ祖父GJ!

    【【修羅場】 うちに雷が落ちたおかげで、じいちゃんの有り難みを知った話】の続きを読む

    人気記事

    727: 名無しさん@HOME 2012/06/24(日) 13:48:33.39 0
    昨日の修羅場。
    家に知らない子供が紛れ込んでた。

    自宅の一日工事があったんだけど、
    工事が終わる夕方に顔を出したら、
    工事の人達に紛れて知らない子供(保育園か幼稚園位?)が麦茶を飲んでた。
     
    私「……この子は?」
    おっちゃん「え?お子さんじゃ??」

    ウチは子供いない。
    慌ててその子に「名前は?どこから来たの?お母さんは?」と聞いてみたけど、
    急に一言も喋らなくなって、全員右往左往。
    どうしようもなくて警察を呼んだけど、
    おまわりさんを見た途端に子供号泣。
    結局、婦警さんがえぐえぐ言ってる子供をパトカーで連れて行ってくれた。

    工事の責任者が
    一緒に警察に行ったので、今日、話を聞いた。
    その子はかなり離れたところから来たらしい。

    親に「家にいると邪魔だから、友達の家に行って来い」
    と言われたそうで、
    友達の家を訪問→相手が不在→あちこち歩いて迷子
    →門が開いて人が出入りしているウチに
    →工事の人がウチの子と勘違いして麦茶(ペットボトルとコップを出してた)をあげた
    という流れらしい。

    親が迎えに来たけど、警察で
    「誘拐だ!慰謝料!」とかわめいたらしく、
    麦茶をあげたおっちゃんは「おれのせい!?」と真っ青になったらしい。

    しかし、子供が勝手に入ってきただけで、
    当然ながら誘拐じゃないし、
    警察が親に説教してくれたそうだ。

    小さい子供に耐性がないので、
    子供が口をきかなくなった時と、呼吸困難になるほど泣いてた時が修羅場でした。

    【【修羅場】 家に知らない子供が紛れ込んでた】の続きを読む

    236: 名無しさん@HOME 2012/06/22(金) 00:28:49.30 0
    そういえば、二十歳そこそこの女子大生だった頃

    髪をベリーショートにしていて、
    黒いデニムのジャケットとジーパンという格好で電車に乗ってた
     
    少し離れたところに立っていた、
    若くてヒョロッとした感じの男性が、
    なんだか、じーーーーっとこっちを見てるなぁと思ったら

    近寄ってきて、
    小さな声で、「あの…あなた、綺麗ですね」と言ってきたので、
    「え、なんですか?」と答えたら、
    声を聞いて驚いたみたいに、「えっ、あなた、女の人ですか!」と、叫ばれたことがあったな…。

    その声を聞いて、まばらにいた
    電車内の乗客がいっせいに振り向いて、
    男性は真っ赤になって、すぐ次の駅で降りてしまった。

    最初の「綺麗ですね」は小さな声で、
    乗客はまばらだったから、私以外の人には聞こえてなかったと思う。

    つまり、私は、その若い男性に、
    何故か「女の人ですか!」と叫ばれたあげくに逃げられた、という
    格好になったわけで、ものすごく居心地が悪い思いをしながら、
    「綺麗ですね、と言った相手が女の人だとまずいということは、つまりはゲイの人なのか」
    「ゲイの人のナンパの文句は、あなた綺麗ですね、なのか。まるでドラマのような…」
    「というか、ゲイの人が男と女を見間違えるなんてことがあるのか」
    とか、思いながらも、
    途中下車は出来ずに最寄の駅まで乗り続けたんだった。

    ちなみに、綺麗だなんて言われたのは、後にも先にもあれっきりだ。

    【【修羅場】 人生で唯一、綺麗だと言われたシチュエーションがヒドかった・・・】の続きを読む

    226: 名無しさん@HOME 2012/06/21(木) 23:01:15.86 0
    数年前の修羅場。

    当時私は実家を離れて下宿中の学生。

    4つ年上の兄は大学卒業後就職し独り立ち。
    兄は実家から電車で一時間くらいの場所に住んでました。

    夏の長期休暇で帰省した時に、
    久々に休みが合致した兄に珍しく食事でもしないかと誘われました。

    なんでも兄の恋人のAさんが
    前々から私に会ってみたいと言っていて、
    それに影響されたのか何故かA姉さんも私に会いたいと言い出したので、四人でランチでもということらしい。

    で、ランチ当日。
    早めに待ち合わせ場所に着いて
    待ってたら、兄とAさん姉妹登場。

    近づいて、挨拶しようと名乗ったら、
    い き な り A 姉 さ ん 号 泣 。

    なんかもう「ウグッ…ウググッ」とか言って
    泣き声は抑えてるんだけど
    代わりに鳴き声がしてて、夏だし暑いから涙ですぐメイク融けちゃうしもうなんだかすごいことに。

    私も兄もビックリしてたら、Aさんが
    「ごめんなさい、少し待って」
    とお姉さん連れて一時退場。
    その後色々あって結局ランチはなしになってお開き。


    続きます

    227: 名無しさん@HOME 2012/06/21(木) 23:02:26.36 0
    数日後、あれは結局なんだったの?
    と兄に訊いたら、
    A姉さん、私を男だと思ってたらしい。

    んで、妹経由で仲良くなって
    あわよくば自分の恋人に!年下彼氏!
    ってすごい期待してたのが女だったのにショックを受けてしまったそうで。

    確かに男女どっちでも通じる名前で、
    Aさんも私の話題を出す時は
    ○○さんって名前で呼んでたらしいですが、
    A家族の間で私を話題に出した当初は
    「彼の妹さんね、○○さんって言うんだけど~」って話してたらしいのでいつから勘違いしたのか謎。

    まあ理系で院試勉強中、
    一人暮らし、目立った趣味が
    ハンググライダー、射撃、ギター、模型作りと男っぽいし、聞き流しながらだったら間違えてもしょうがないのかも。
    周囲にあまり理解者がいないから話さないだけで、テディベア作りとかも好きなのですが。

    数年経った今、
    兄とAさんは結婚して家庭を持ってます。

    A姉さん暴走の一因はA両親からの
    「三十路そろそろ結婚しろせめて相手を見つけろプレッシャー」が凄かったからだそう。
    (当時私23・兄27、Aさん26・A姉さん30)

    A姉さんとは騒動のあと
    少しずつ話してみたら、案外気の良い人で仲良くなることができました。

    私に影響された趣味がきっかけで
    交際を始めた男性からこの間プロポーズされたらしいので、許可をもらってカキコ。

    他の方に比べると小さな修羅場ですが、
    小心者の学生からしたら
    「婚約寸前の兄恋人のお姉さんに号泣されてしまった!私が何か失礼をしたんだろうか?これで兄とAさんが別れることになったらどうしよう!」
    って暫く気が気じゃありませんでした。

    【【修羅場】 兄の彼女、彼女姉と食事をすることになったのだが・・・】の続きを読む

    210: 名無しさん@HOME 2012/06/21(木) 21:31:45.04 0
    強引に着陸して機体が歪んだ
    という昨日のニュースを聞いて思い出した修羅場。

    実家に帰る為に羽田発千歳行きの飛行機(確かMD機)に乗った時の話。日本中快晴で、何ら飛行には問題ないと思われた日の事。

    太平洋から苫小牧上空に差し掛かった時から
    微かに揺れ始める機体。風が強いらしく、高度を下げるに連れ酷くなっていった。


    千歳付近の田園風景が広がり、
    行き交う車がはっきり目視できる頃になると、
    いよいよ揺れが大きくなってゆき、翼を見ると方向舵?エンロン?がピコピコ激しく上下していた。

    おー、パイロット、風と闘ってるなー、なんて呑気に考えていた。

    滑走路に侵入、エンジンの音が聞こえなくなる程パワーを絞り、いよいよタイヤが設置しようとする正にその瞬間だった。

    214: 名無しさん@HOME 2012/06/21(木) 21:48:06.55 0
    突発的な横風?
    機体が大きく左に傾き、
    翼の先端が路面にぶつかりそうになるのを見ていた俺は瞬間パニック。本気で堕ちると思った。

    揺り戻しのように今度は右に傾くと、
    そのまま急加速、機内は聞いた事もない位
    大きなジェットエンジンの金属音と、頭の上のラゲッジボックス?が尋常じゃない位ガタツキ出し、異様な雰囲気の中急上昇していった。

    その時なんだけど、左の窓から外を見ると
    何故か飛んでく方向、滑走路の先が見えた。

    つまり、機体かわ大きく右向きながら上昇していったという事。

    【【修羅場】 飛行機の着陸間際、滑走路の先が見えた】の続きを読む

    このページのトップヘ