ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    結婚

    307: 愛と死の名無しさん 2011/02/01(火) 13:37:04
    新婦の友人として出席した結婚式の話。

    新郎には両親がおらず、親戚とも没交渉であった為に親族席に新郎の恩人というご夫婦(60代位)が招かれていた。
    本来であればその息子さん(新郎友人)も招待されるはずだったが、諸事情で欠席に。

    問題なく式は終わり、披露宴代わりの食事会へ移動しようとした時、会場前には一組の男女の姿。
    それを見て驚く恩人夫婦。どうも息子さんとその彼女らしい。

    出て行けと冷たくあしらう旦那さんと、
    ひたすら謝る息子さん。奥さんはおろおろ。

    彼女は曖昧な笑みを浮かべて謝罪。
    何事かと思ったが、スタッフに促され私達参加者は会場へ。食事会が終わっても、結局夫婦は戻ってこなかった。

    後日、新婦から聞いた所によると、
    恩人夫婦の息子の彼女がブーケを欲しがった事が発端らしい。

    彼女に甘い息子が、親への恩をたてに「ブーケ欲しい!結婚式出たい!」というわがままを通そうとし、勘当。
    発端となった結婚式後なら許してもらえるかも!ついでに食事会も出てブーケもらおう!という魂胆だったらしい。

    【【不幸な結婚式】招待客(60代)の息子と彼女が闖入した結果・・・】の続きを読む

    人気記事

    268: 愛と死の名無しさん 2011/01/31(月) 02:47:39
    不幸かどうかはわからんが、
    男同士の結婚式に出席した事がある。

    式場経営者が二人の友人だから
    出来た事だと新郎新婦(?)が言っていた。

    籍は当然入れられないので、
    せめて結婚式だけでも……という事らしい。

    私は新婦(?)の友人で、彼の恋愛対象が
    男である事はカミングアウトされ済だったが、
    招待客には知らなかった人もいて相当困惑していた。

    ただ友人のウエディングドレス姿は綺麗だった。
    式場に二人の両親及び親族の姿は無かった。

    【【不幸な結婚式】男性同士の披露宴をあげたのだが・・・】の続きを読む

    247: 愛と死の名無しさん 2011/01/30(日) 17:44:57
    プチだけど、学生時代の友人の結婚式。

    結構大きな住宅販売会社の御曹司と結婚した彼女。
    玉の輿よ~ってめちゃくちゃ自慢しまくって式も超ド派手に挙げた。

    でも新郎含め新郎側親族は、本当にビミョーな顔。
    「これから○○さんと一緒に会社を盛り上げていきますッ!」と
    力強くスピーチした新婦に新郎両親は号泣。なぜか専務以下も涙目。

    傍から見たら感動してって感じだったんだけど、どうやらこの時既に会社は倒産が決定していたらしい。

    新婦の家は、大金持ちではないけど名がある家。
    負債清算の為には、新婦の家の名前の箔がどうしても必要で騙す形での結婚になったらしい。

    分かったのは披露宴から3日後位だったけど、友人の発狂ぶりは見事だった。
    ちなみに1年後に離婚しました。

    【【不幸な結婚式】友人が玉の輿に乗ったハズが一転・・・】の続きを読む

    242: 愛と死の名無しさん 2011/01/30(日) 16:16:49
    従姉妹が出来婚、出産後に式をした。

    新婦母は
    「成人してるし子育ても頑張ってるんだから結果的には良いじゃない」
    なスタンスだったんだけど、
    新婦父はどうも気に入らなかった様子。

    式の前からぐちぐち言ってたんだけど、そのターゲットがなぜか俺の姉。


    どうも新婦は実家(結構田舎)を出て
    都会の学校に行きそこで知り合った新郎と~な流れだったようで、
    同じく田舎を出て上京、就職した俺姉もきっと出来婚するに違いない、みたいな事をずっと言ってた。

    姉はその場では若干顔ひきつらせながらも無難な対応してたけど、
    帰宅してから何あのよくわかんない理屈!と愚痴ってた。

    【【不幸な結婚式】娘の不出来をすり替える新婦父】の続きを読む

    179: みき 2011/01/28(金) 21:50:51
    七年ほど前の友人(新婦)の結婚式がちょっと可哀想でした。

    式を挙げる一年前にお母さんが急死。
    新婦は先天的に体が弱いということもあって、両親に大切に育てられ、とても仲の良い親子だったので、悲嘆に暮れてました。
    体重は十キロ以上落ちてたと思います。

    しかし、優しい新郎さんに支えられて立ち直り、結婚式も無事にあげられることになりました。

    結婚式の日取りも決まり落ち着いてきた頃、なんと父親が再婚することが発覚。
    母親が死んで半年しかたってません。。。

    しかも、新婦の結婚式よりも前に入籍するとのこと。そして、結婚式にも再婚相手が母親として参加したい。新婦が最後に読む手紙に再婚相手を登場させてほしい。
    色々な要求が降って湧いてきました。

    新婦は、最愛の父がなぜこのようなことをするのか、母親のことは愛してなかったのか、とても苦しんだらしいです。

    新郎は亡くなった母親とも交流があり、そして、新婦が母親が亡くなったことでどれだけ悲しみそれを乗り越えてきたか知っているのでその話を聞いて激怒したそうです。

    新郎新婦が話し合った結果、再婚相手の方が参加してもらうのはいいが、母親としてではなく親族としての参加にすること。
    新婦にとっての母親はただ1人であること。
    手紙には登場させないこと。
    文句を言う人は参加しなくていいこと。
    ということになったようです。

    結果として、あたたかで感動的な式でした。
    ただ、この事情を知っている参加者たちは、
    「辛いこと沢山あったのに、よくぞ乗り越えてきたね、、、!」
    という意味でも号泣してました。。。


    【【不幸な結婚式】式を挙げる1年前に新婦母が急死した結果・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ