700: 1/2 2012/10/02(火) 08:36:19.89 0
自分はいろいろ積んでいる。でももうどうしていいか分からない。思考停止しちゃってるのかな。修羅場だ。
母(後期高齢者、足弱、耳遠、軽い認知症)
兄(正式な診断はないが、たぶん軽い池沼か、自閉か。対人スキルなし。思いやりとか共感の機能自体なさそうなのでそういう脳障害? 清掃業で正社員待遇。我慢してくれている上場企業様、ありがとうございます。超低賃金ですが、ありがたいです。)
自分(ネットで自営。SOHO仕事)

兄、自分は婚期を逸した独身です。
共依存と言われればそうだけど。
家の中の母、兄の会話が常に喧嘩のような状態。

母の聴力に気遣って、ゆっくり喋らない兄。
ただ大声を出すだけ。思いやる能力がないから、人に合わせることができない。
元から滑舌悪い人です。口角によだれ泡をためて喋る。これって池沼の傾向かな。
何度も聞き直す母。大声で怒鳴り返すだけの兄。これだけで、もううんざり。

701: 2/2 2012/10/02(火) 08:36:57.81 0
自分が家を出ちゃえばいいんだろうけど、
母の薬の管理すら安心して兄に任せられない。

兄が週一回薬ケースに分け入れる作業をして、私が後で確認している(必ずミスがあるから)
母が夜だけ使用する簡易トイレの殺菌消毒に今の私程度に気遣うなんて、その手順を覚えさせるのに何年かかるだろうかと思うぐらい。(ナーバスにやっているから、現状室内に嫌な臭いが付かずに済んでいると思っている。)

家業が持ちマンション(小さいの。自分達の住居+数室の貸室)で、これのための不動産業者との渉外とか、兄には絶対無理。

土地建物を売り払って財産分与、兄と別れてすんだらいいじゃんと言われそうですが、父が苦労して裸一貫から得たものを、母が死ぬまでは頑張らないと申し訳ない、認知症の人間に環境の激変は良くないし・・・とか。いろいろ考える ところがありまして。

兄はこんな調子なのでお見合いすら全然ダメだった。
私はと言えば・・・婚期に差し掛かったときに父が亡くなって
家のことを一手に引き受けている間に、母が弱ったりして婚期を逸した。母は父没後の私のお見合い話は全力で潰してたっけ。

私に依存する気満々だったんだな。
惜しいような話ではなかったので、別に恨んではないけど。
兄は10年に一度ぐらい自分の不注意で大けがをして、母に
心配をかける。でも命には別条がないのが残念と思ったりする。
兄が早くタヒねばいいのに、と思う自分の心の修羅が恐い。

703: 名無しさん@HOME 2012/10/02(火) 09:09:17.21 0
>>701

家を出る勇気が無いなら
母親と兄が死ぬまで介護を頑張って下さい

704: 名無しさん@HOME 2012/10/02(火) 09:17:27.64 0
>>700
それはお兄さんのことそう思ってもしょうがないと思うけど
共依存の自覚があるなら、ちょっと頑張って対処すればと言いたいが
そこから抜け出せないからこその共依存だしなあ
でも貴女が倒れたらすべて終わる状況なんだから
施設とかの手をある程度打っておく必要はあるよ
デイサービスとかで施設側と面通ししておいた方が、いよいよの時
頼みやすい。向こうもどんな人間か分かっている方が対処が楽だし

お兄さんの事はとりあえず置いといてお母さんの生活を徐々に外に向ける方が
良いんじゃない?
認知症が進んだらそんな事言ってられなくなるよ

705: 名無しさん@HOME 2012/10/02(火) 09:18:07.93 0
>>700
行政に相談してみたら?
自分が倒れたら、と思うと…みたいな感じで。
必ず相手の名前をその場でメモしてね。言われてる事をその場で全部メモ。

706: 名無しさん@HOME 2012/10/02(火) 09:24:50.28 0
考えたくないだろうけど、>>700さんがお母さん、お兄さんより先に死んでしまう可能性もある。事故とか。
年の順どおりに寿命がくればいいけど、そうとも限らないから。
そう考えると、何らかの対策は必要じゃない?

家業が賃貸マンションなら、お母さんとお兄さんが残された場合、かなり面倒なことになりそうだし。

707: 700 2012/10/02(火) 09:32:10.81 0
皆さん、ありがとうございます。
読んでいるだけで泣けてきちゃった(T_T)
母は現在要支援3?とかで週2デイサービス利用が精一杯な
程度です。

自分が先に逝くことは考えもしなかった。
母を見送りさえすれば、兄より先に死ぬのは本望だ。
あんなクソ兄が財産をだまし取られて、のたれ死にしようが
全然構わないと思うぐらい、子供の頃から愚鈍な兄の
面倒を見る立場で恨み辛みがオリのように心に
積もっています・・・。


2000: 歴代人気記事 投稿日: