444: 愛と死の名無しさん 2010/12/10(金) 20:18:50
母の知人から聞いた話

新婦(その知人の娘さん)のたっての願い
ということで、某高原にあるチャペルで式を挙げたんだそうだ。

しかし、折しも巨大台風が襲来。
親族は前の日から近所に宿泊していたので、欠席者が出ることはなかったが、
バケツをひっくり返したような土砂降りの雨。神父の声もかき消されんばかりだった


幸い新郎新婦両親と式場の配慮で、列席者が屋外に出るイベントは屋内に変更
天気が悪くて残念だったねと言いつつも、つつがなく式は終了に差しかかる
ところがこの後、新婦は頑張った

「どうしてもやりたいことがある。前々から憧れていて、そのためにここで挙式を決めた」
のだと
止める両親、渋る式場関係者を前に「なにがなんでもやる!」と譲らない新婦
それを見た新郎、「彼女につき合います」そのひと言でイベント決行

列席者が心配そうに見守る中
新郎新婦は二人で外に出て、馬車で教会の周りを一周した

新婦の母が言うには、その有様はまるで「二人が浸かった白いちっちゃなバスタブを馬が無茶苦茶に引きずり回していた」そうで、
帰ってきた二人は、ずぶ濡れで真っ青。

新婦はベールは飛び、髪はぐちゃぐちゃ
激しい雨で息を吸うことも困難だったとか
「我が娘ながらほんと馬鹿よね~」
無謀な新婦につきあった新郎が一番不幸だったと新婦母の弁

445: 愛と死の名無しさん 2010/12/10(金) 20:23:20
>>444
まあ当人だけならまだいいか…。

446: 愛と死の名無しさん 2010/12/10(金) 20:47:26
新郎天晴れ。
新婦が新郎実家に嫌われたり、離婚なければ笑い話で済むな。

447: 愛と死の名無しさん 2010/12/10(金) 20:50:18
馬カワイソスとしか思えない…。
大体、晴天であっても某高原にある馬車は妙に痛々しいんだが。
見せ物チックで。

449: 愛と死の名無しさん 2010/12/10(金) 21:15:17
天気のいい別の日に二人だけでやればいいのにな。

2000: 歴代人気記事 投稿日: