356: 愛と死の名無しさん 2010/10/19(火) 02:04:33
以前出た、不幸な結婚式。

事前に「反対するなら式出るな」と新郎と新郎父が言った為、しぶしぶ結婚を認めて口をつぐんだ新郎母。

でも、我慢できなかったのか披露宴会場に移動する時には、グチグチと新婦の悪口。怒った新郎姉妹に「黙らないなら追い出す」と凄まれて再び沈黙するも、またグチグチ言い始める。

お色直しの時に、新郎から呼ばれて控え室に行った後、真っ赤な目をして帰ってきた。あー〆られたんだな。と察しておいた。
その後は大人しくて、親族一同ホッとしていたら、最後の新郎父挨拶でやってくれた。

「新郎ちゃん、新婦は料理なんてまともに作れないだろうから、同居しましょう。」
「お父さんも同居のほうがいいでしょ?そうしましょうよ!ね?」
なんて声をマイクが拾ってしまい、会場に駄々漏れ。

怒りで震える新郎に、泣きそうな新婦、顔面蒼白の新婦両親、固まってる新郎父。

固まった新郎父からマイクを奪い
「僕は、今日限り母と縁を切ります。僕の家族は新婦です。一生守ると誓いましたが、今、改めて皆さんに誓います」
と言い、新郎母を引きずって出て行った。
ふじこっている新郎母は、普段の肝っ玉母さんからかけ離れていてショックだった。

幸い、二人は仲睦まじく暮らしており、新郎・新郎父・新郎姉妹が、後日お詫び行脚したからか、新婦両親や新婦親族とも上手くやってるようです。

ちなみに、私は新郎姉です・・・

357: 愛と死の名無しさん 2010/10/19(火) 02:18:24
>>356
乙でした(涙)
で、「元新郎母」はどうなったの?

361: 愛と死の名無しさん 2010/10/19(火) 05:34:12
>>356
乙…

371: 愛と死の名無しさん 2010/10/19(火) 08:25:53
>>356です。
あれから、母はカウンセリングに通わせました。

更年期障害と空の巣症候群と診断されましたが、弟の怒りは解けず。私と妹は無事に結婚できましたが、海外挙式で披露宴の代わりに親族での食事会という形にしました。

弟の披露宴後、母は謝罪断固拒否だった為、一時は両親の離婚話まで出て結構大変でした。今は大分落ち着いていますが、思い出したように時々荒れます。

私達にとって母は、良妻賢母と思えるぐらいの人だったので、あまりの変わりように驚いています。

今も弟夫婦とは、母だけが絶縁状態です。子供が産まれた時も会わせず、病院さえ教えなかった弟に、妹は「兄さん冷たい」と言っていましたが、頑なな弟に何か感じる事もあったみたいで、今は何も言いません。

後から義妹が「孫の写真ぐらい送ってあげようよ」と弟に言っていたのを聞き
申し訳なくて父と私は泣いていしまいました。母の担当医師と父が相談した結果、写真は様子を見ながら渡していく事になったそうです。

昔の優しかった母に戻って欲しい気持ちと、今の母に対する落胆した気持ちに挟まれ、なんとなく子供を持つ事に恐怖している妹が不憫でなりません。

ちょうど、私が結婚して家を出て妹は進学の為に上京。
唯一、家に残っていた弟まで結婚が決まり、母も寂しかったのかと思うと切ないです。

だからと言って、披露宴を台無しにしていい理由にはならないので、母には自分のした事を理解し、いつか弟夫婦に謝罪して欲しいと思っています。

2000: 歴代人気記事 投稿日: