857: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 15:51:20
従兄弟の結婚式の話
新婦が両親に向けて読んだ手紙の内容が
「家に居辛かったり辛い事も沢山あったが
いつもお母さんが優しく迎えてくれた云々

色々大変だったけど、お母さんが支えでした云々」
感動的だったが、よく考えると
お母さんが家にいないような書き方。

しかしご両親は健在で、式にも二人揃って
出席していたので不思議だった。

後日聞いた話によると、
あの手紙は式に呼べなかった実母へ宛てた手紙だったらしい。

新婦実母は新婦が小さい頃に
家を追い出される形で離婚。
その後すぐに新婦父は後妻と再婚。

継母との関係がいまいちで、
新婦は親の都合で実母に預けられたり
家に戻されたりしてたらしい。

披露宴に実母を呼びたかったが、
父親に反対されて呼べなかったので
手紙だけは本人の好きなように
実母に向けて書いたとの事。勿論従兄弟も承知の上。

大人の都合で振り回された
意趣返しのつもりだったのかなー

手紙の後に笑顔で花束を受け取ってた
新婦継母の顔を思い出すと何となく背筋が寒くなる。

858: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 15:53:40
うわぁー・・・不幸だけど寒い話だね
新婦の実母を追い出した継母って、略奪婚だったのかもしれないな。

859: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 16:15:34
クソ父と継母よばずに実母だけ招待すればよかったのになー

860: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 16:55:33
>>857
やりたかったことも気持ちもわかる気はする
でも、本人がいない所で実母に向けて手紙読んでも周りが困るんじゃん…と思ったw
実母は結婚式で娘の晴れ姿見たかっただろうに…

861: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 16:58:51
不幸というより寒い

862: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 17:04:17
新婦手紙、読まなきゃ良かったのに
別に読まない人もたくさんいるんだし

それで、実母には普通に
手紙書けば良かったのに
どうしても手紙は必要って思い込んで

苦慮の末、そうしたなら
その思い込みこそ不幸

863: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 17:05:57
うん。
普通に手紙送ればよかったのにね。
大勢の招待客の頭の中「???」
ってさせるだけにしかならないし

満足できるのは「新婦一人だけ」で、
それ以外の人のことまったく考えてないよね。

864: 愛と死の名無しさん 2010/04/28(水) 17:35:05
最後から2行目が
新婦の真意なんじゃないのかねぇ

大勢の前で解る人にだけ解るように、
継母と父親への仕返しをしたってことじゃないかと

2000: 歴代人気記事 投稿日: