114: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 19:50:10
むかーしむかしの地方の結婚式、
祝言と言った方がいいくらいのもの。
そのあたりでは、本家で祝言の最中に婿と嫁が中座し、ヤッてから戻って来るという風習があった。

ところが、婿が親戚の行かず後家に手を出していた。
行かず後家は自分が嫁になれると思っていたので、般若と化して婿と嫁の寝室に乱入。

…手には出刃包丁。

婿と嫁は逃げ惑い、
行かず後家は包丁を振り回し、騒ぎを聞きつけた列席者が婿嫁を救出。

行かず後家は
縁側から庭に飛び出した際に、足を滑らせて転倒。
その時、不幸にも持っていた出刃包丁が…。

それ以来、
祝言の途中でという風習は無くなったとか。

先祖の話。
そしてオカ風味になるが、それ以来
うちでは男が嫁を取る時は結婚式をあげないことになっている。
結婚式をあげようとすると、
嫁がおかしくなったり、家の者が刃物で手を切る事件が起きたらしい。

そして不幸な結婚話。
そんなの関係ねぇ!
あたしは一生に一度の晴れ舞台に立ちたいのよ!

という新婦が新郎を捨てて、派手婚してくれそうな他の男に走った。

どの道不幸だ。

2000: 歴代人気記事 投稿日:

115: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 19:56:01
二度と浮ついた女が近寄らんように、ご先祖様が守ってくれてるのかも知れん

116: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 19:58:49
>>114
あー、なんか訳わからん慣習のある家ってあるもんね
だいたいは、呪いとか祟りとかに関するやつだから、何かあったときに色々言われるんだよな…

117: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 20:24:04
そういや、新婦はまず
新郎父と床入りした後に新郎と初夜、
という風習のある村で、新婦と新郎父が寝室から戻ってこないので、いい加減にしろ!と新郎が怒鳴り込みに行ったら、ふたりとも死んでた、という事件があったな。

118: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 20:44:44
>>117
どっちが殺したの?

119: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 20:49:56
横溝正史みたいな話だな。

120: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 20:59:20
>>118
実は新郎父と新婦はもともと深い仲だった。
それを知った新郎は怒り、トリックを駆使して2人を葬ったのである。


……知らんけどね。

121: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 21:11:08
中東で新婚初夜の血のついたシーツを外に飾るってやつ
今ではせいぜい田舎で血のついたハンカチを外に飾る程度と聞くが

昔はあちこちに新婚初夜の変わった風習があったんだろうな

122: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 21:19:40
>>121
領主が花嫁の処女を奪う権利を持っていて
それが嫌なら「初夜税」を払うと勘弁してもらえるって
いう風習も聞いたことある。

123: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 21:25:26
>>121
>>122
それ中世ヨーロッパ

124: 愛と死の名無しさん 2009/10/07(水) 21:26:10
日本は昭和初期まで夜這いとかあったから、処女云々に拘りだしたのって最近だもんねぇ…