901: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 01:19:58
友人(友子、とします)の結婚式で、
突撃スピーチでマイクを向けられた新婦父が男泣き。
「本当に可愛い娘で。
 お父さんのお嫁さんになる、って言ってくれてたのになぁ……」
と親バカ爆発。

小学校からの友人だった私たちは
「友子のお父さん、たまちゃんのお父さんみたいだったもんね」
「誕生日会とか、はりきっておかしくなってたよね」とほのぼのしてた。
しかし、新郎親戚席の雰囲気がなんとなーくおかしい。

実は新婦父は、友子と血のつながっていない。
新婦父とシングルマザーだった新婦母とのつきあいは、友子がまだ幼稚園に入る前からのことだ。

新婦父は、
友子を実の子どものように可愛がっていた。
小学校の行事はずっと友子の「お父さん」として参加してた。
しかし、新婦母との結婚を
親にずっと反対されていて、新婦母とは事実婚状態。
正式に入籍をしたのは友子が高校生になってからのことだった。


それを親族紹介で
「新婦父さんは、友子さんが高校生になったときに、新婦母さんと再婚された義理のお父さんです」と言われてしまい、新郎親族は
「高校生の娘が、義理の父に「お嫁さんになる」なんて言うだろうか?」
→「娘と義理の父のただならぬ関係!?」
と邪推してしまった方がチラホラいたらしい。
もちろん「お父さんのお嫁さんになる」発言は、幼稚園の時のこと。

結婚式後に説明するのに難儀したよー、と友子に愚痴られて、上記のようなことがあった事を知った。「そんな勘違いされると思わなかったから、びっくりしたよ」

しかし、私も友子と新婦父が
実の親子でなかったことにびっくりした。
二十年つきあってる親友でも、知らない事ってあるもんだね……

902: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 01:29:47
ある

2000: 歴代人気記事 投稿日:

903: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 01:29:58
>>901
でもそんな事情、事前にやたら詳しく新郎親戚全員に話す内容ではないよね
最初の紹介がよくなかったんだな

普通に「新婦父です」だけにしといて、あとは誰にどこまで話すかは
新郎と新郎両親にまかせてしまえばよかったのに

904: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 02:27:35
>>901
どこにでも下種のかんぐりする低脳はいるんだな
恥を知れ下種野郎としか言いようがない…

906: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 08:57:16
>>904
普通の疑問だろ?

907: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 09:36:47
>>904
よく読め。

新婦が「お父さんと結婚したい」と言っていたという情報を持っていた参加者に、
「新婦の父親は、再婚相手で、再婚したのは高校生の時」という追加情報を与えたらどうなる?

そりゃ、高校生の娘が
「お父さんと結婚します!」と宣言していると、思われても不思議でない。

更に、思春期の時に、大体「おとーさん大嫌い病」が始まるというのに、
高校生の娘が、そんなこと言ってるなら、危険な関係を邪推されてもおかしくない。

909: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 10:19:11
まぁでも、身近で
「ちょっとぉ!こないだの式で、~~って司会者が言ってて、
 それって怪しい関係って事よねぇ!ねぇ奥さん!」
とか喋ってるの聞いたら、「うわー下品な噂話してるな」って思うかもしんない。


邪推しても、頭の中で思ってるだけなら仕方ないけど
新婦さんが苦労して説明したって事は、新婦の耳に入れたって事だもんなぁ。

噂広められたのか直接言及されたのかは分んないけど。
やっぱ良く事情も知らない人が「義理の父で」とか余計な事まで
言わないのが正解なのかもねぇ。

910: 愛と死の名無しさん 2009/10/04(日) 10:25:45
でも親族紹介って、普通司会じゃなくて身内がしない?
だから可能性として「一応軽く説明しとくか」程度の認識で
紹介した人が「いついつ再婚しまして」と言ったのかもしれない

まあでも賢明な人は「新婦父です」しか言わないな