712: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/21(水) 19:43:03 0
いやーさー、どーなのよ?
不倫二股してる人に聞きたいけど
奥と彼女だけでも結構こなすの大変じゃない?

でも彼女の方は奥いるのわかってるわけだから融通利かせるよね?
でも彼女が二人いたらどっちにも奥以外はあなただけって言うでしょ?

両方こなすの めんどくさくならないのかなあ
私だったらより好きな方だけにして2番手になった方は切っちゃうけど。
男の人はまた感覚が違うのかな

713: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/21(水) 21:42:35 0
大事じゃないほうもスペアとしてキープしときたいんじゃないの?
本命と会えないときの代替品とか 気分転換で違う相手が欲しいときとか用。

2000: 歴代人気記事 投稿日:

715: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/24(土) 19:53:59 0
奥や旦那は最初からいるのわかってて付き合ってるからいいけど。その後で第3者のが出てくるのはつらいよ

ただでさえ2番手?なのに
3番手4番手?っておもうといたたまれない・・

でも浮気性な人はずっとそうなんだろうな~
唯一の人になりたくてもそれって奥のことだろうし。。

716: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/24(土) 23:16:47 0
鬼彼の二股不倫に気づいたとき
浮気者~って責めたけど
冷静になって考えると、私も浮気なんだよな~。

それに気づいて、けっこうショックだった。
不倫の恋をしてるつもりなのは自分だけ・・・
相手にとっちゃ、私は楽しいゲームの一コマでしょう。
でも、せめて気づかせないようにやる思いやりだけは必要だよね。

726: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/26(月) 14:14:40 0
>>712
友人の話。。。

彼は家庭内別居状態で当時2人の女が居ました(彼はセフレと呼んでましたが)
羨ましく思い、心境を尋ねたところ『俺何やってるんだろうって思うよ』と彼。

奥は好き放題してるので、
奥に対して罪悪感は無いけど2人の女に対しての自己嫌悪なんだろうな

そんな彼も新しい相手の出現でその2人とはすっぱり別れ、今は1人で満足してる様子

727: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/26(月) 14:18:29 O
浮気というか4人囲っているのですが
全員本命ぢゃないんで、縁を切った方がいいですか?
すごい悩みます。けど、一緒にいて楽なのは一人います。そいつに絞ろうかな

729: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/26(月) 15:43:47 0
>>726さんのお友達や
>>727みたいな本音が聞きたい

彼が浮気を否定するのは
その彼女とも別れたくないからって事?
所詮私のことも他の彼女のことも浮気で遊びって事?
どんなに聞いても否定するばかり・・ 

私は他の人がいるのが分かってもそれでも
好きなんだから私にとって痛い話でも彼の本当の気持ちが聞きたいのに・・・

730: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/26(月) 16:09:55 0
>>729
そりゃぁ否定するでしょう!
あなたの気持ち分らないでもないけど、知ってどうするの?
自分の事遊びだと分ったらきっぱり別れるつもり?

私が思うに彼はあなたと
別れたくないのもあるかも知れないけど
一番は自分が嫌われたくないって言うのが本音なんじゃない


732: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/26(月) 16:23:36 0
>>729
726です。
今の状況であなたの彼から本音を聞くのは無理だと思いますよ

他に相手って何か動かぬ証拠でもあるんですか?
あるにしてもあなたが彼と別れるつもりがないなら
彼を責める真似は絶対やめるべきです。
あなたは責めてるつもりはないでしょうが...

このままだと彼はあなたから
離れて行く事にも成り兼ねませんよ
友人もヤキモチや束縛が酷くて別れたみたいだし

733: 名無しさんといつまでも一緒 2005/09/26(月) 16:34:58 0
>>730さん>>732さん
レス有難うございます
動かぬ証拠というのは・・・携帯メール見ちゃったんです。

でも見たなんて事は言えないし・・・
>>730さんのいうとおりで
彼は自分自身が一番大事だって
はっきりいってます。2番目が私だと・・・

他にも彼女がいても
私といるときは私に優しいので別れたくない・・・!
と思っていましたが 昨夜も
その鬼女と会ってたみたいで・・・
もう苦しくて苦しくて・・・私から別れたほうがいいのかな・・・

付き合っていくのも、
別れるのもどっちもつらいんですよ・・・泣
私が特別な女なら我慢できるかもしれないけど、
遊びの一人なら
もう別れたほうがいいかな、と・・・