183: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 10:41:56 ID:a2qs68Eo0
私子…社会人二年目のまだまだ新米。
彼男…同期。同部署に勤めており、私子の彼氏。

友子…私子の友人。他部署だが仲良し。
美人子…私子、彼男の上司。社内のマドンナ的存在。
友男…友子の彼氏。私子、彼男と同部署。友子とは他部署。
謎男…友男と仲がいい。美人子を狙っている。
お局様…上司。何かと口煩い。

私子・彼男カップル、
友子・友男カップルは会社公認です。
社内恋愛に寛大な上司だったので。

私子と彼男は付き合ってもうすぐ二年が経つ。
入社3ケ月にはもう交際開始しており、
社内では公認カップルになりつつあった。

そんなある日、私達カップルと同期である友男と、
私の長年の親友である友子と別れることに。


社内恋愛だったし、二人の交際歴は長く
結婚間近かと噂されるほど仲が良かったため、
私達は驚きを隠せなかった。
急いで理由を聞いてみると、
なんと友男が他に好きな人ができたとのこと。

二人の破局は瞬く間に会社中に広まり、
そのお陰で友子は病んでしまった。
元々メンヘラちっくだったが…。
会社を休むことが多くなった友子。
社内では失恋休暇と多めに見てもらったものの、
お局様筆頭に周りの反応は冷たかった。


まぁ、それも当たり前のことだし、
会社をそんな理由で休むことなんて
ありえないのは重々承知の上だが、
やっぱり長年の親友なので心配して仕事が手に付かない。
なので仕事終了と同時に友子宅に訪問。
少しでも友子の力になれれば、という気持ちで向かった。

186: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 10:51:49 ID:a2qs68Eo0
案の定友子は痩せ細ってしまっていて、
泣きはらしたのか目は腫れていて声も出ない状態だった。

それでもまだまだ傷は癒えないようで
私の顔を見たとたん抱きついてきた。
それを宥めつつ話を聞いたところによると、

・友男にいきなり別れを告げられて深く傷ついている
・しかも友男の他に好きになった相手は美人子さん!だという
・他部署だが情けないやら恥ずかしいやらで会社に向かう勇気がない
・私子達に迷惑をかけてすまないと思っている

後は友男や美人子への恨み言やら
暴言やらで言葉にならなかった。
そして友子はその後数週間休んだ。

が、いきなり突然復帰したのだった。
変わり果てた姿で…。
といっても、ガリガリで
骨と皮だけとか目が泣きすぎて
真っ赤に充血してるとか
そんなホラーな類ではない。美人子さんそっくりの姿で…。


服装やメイク、髪型何をとっても瓜二つ。
そして微笑みながらこう言うのだ。
「私絶対に美人子さんだけは許せないの…絶対に後悔させてやる…」

私は目は虚ろ、言葉を発するのでさえ
ままならない友子に恐怖を覚え、
その場から逃げるように去って行った。今思うと最低。

189: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:01:38 ID:a2qs68Eo0
そして昼休みに。
話は変わるが、友子はいつも
昼休みや会社への通勤など
部署は違うがいつも私と一緒だった。そこで友男と出会ったし。

しかし、今となっては美人子や友男がいる
我が部署には来にくいのでは…と思い、
私はお弁当を持って友子のいる部署へ走った。私なりの気遣い。

すると信じられない光景を目にすることに。
それは、いつも対立関係にあった
お局様と友子が仲良くしている姿。
あんまり驚いて立ちすくんでいる私を見て、友子は駆け寄ってきた。

「あ、私子。今お局様と一緒にお弁当食べてるの。一緒にどう?」
話し方もいつもの甘ったるくて
語尾があがる高いトーンではなくて
美人子と全く一緒になっていた。


サバサバした物言いや綺麗な言葉遣いなど。
当然断れるはずもなく一緒に食べることに。
すると、食事中の会話は美人子の悪口一色。
気分が悪くなって席をたった。

192: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:09:35 ID:QivoWY6bO
やはり精神的に弱い人は社内恋愛は避けるべき的支援

193: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:09:58 ID:a2qs68Eo0
そこで彼男に相談することに。すると彼男は、

「友男から話は聞いてるけど、
あいつは悪びれた様子がないっていうか
無神経だから美人子さんにアピールしてるので
友子を傷つけてるって気づいてないんじゃないかな。

それで友子も意固地になってるのかも。
ひとまず落ち着くまで友子には関わらない方がいいのかも…。」

親友だから支えてあげたいという気持ちと
彼男の関わらない方がいいという言葉が
ごっちゃになって私も上手く頭の整理ができない。
とりあえず、今は距離を置くという結論になった。

そんなある日のこと。
出勤した私に友子とお局様が凄い勢いで駆けつけてきた。


友「ちょっ私子!大ニュース!ヤバいよヤバいよ!」
私「えっ何…」
お「いいからこれ見なさいよ!」

それを見た瞬間私は言葉を失った。
そこには開かれた雑誌に大きく美人子さんの姿が。
華やかなドレスと盛りに盛ったメイクと髪型で…。


私「これって…キャバ嬢?の雑誌!?」
友「そうだよ!あいつ隠れて
水商売やってるような汚い女だったんだよ!」

お「これは上司に言わなきゃなんないわよね!
早く行きましょう!友子さん!」
友「はい!」

私はまたも一人で呆然と立ち尽くしていた。
美人子さんがキャバ嬢…!?

194: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:12:03 ID:RY/fMq5OO
まさかオチは……支援

195: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2009/10/12(月) 11:12:08 ID:iC61PKTI0
綺麗なバラには棘がある・・・ 支援しますぅ

199: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:19:00 ID:a2qs68Eo0
混乱して頭が回んない…
焦って追いかけるももう後の祭り。
社内はカオス状態に。
そりゃそうだ、社長にいきなりドきつい雑誌を
突きつけたんだから。社内騒然。

そこに美人子さんが出勤してきた。
私は見ていられなかった。
とりあえず美人子さんとお局様と友子と
私(何故)が緊急会議室に連れ込まれる始末。
何で私まで…。

友「それで!こいつ(美人子)どうするつもりですか!?」
お「さっさと会社から通報して下さいよこんなアバズレ!」
社「ちょっと待ちなさい…」
美「…。」

ちっとも話し合いにならない。
それどころか覗いてくる社員までいるし。どんな会社だアホ。

社「えっと…この話は…言ってはならなかったのだが…
でもなぁこう公になってしまったらなあ」

どもる社長。
友「いいからさっさと退社させなさいよ!汚らわしいわ!」
お「首よ首!」


すると今まで黙っていた美人子が
ゆっくり顔をあげて言いました。
地球が引っくり返るような発言を…。

美「今まで黙っていてすみません。このことは会社も知っていました。
  実は私…

  男 な ん で す 

えええええええええええええええええΣ(◦Д◦;)!?!?

200: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:19:47 ID:qW4U9hbE0
ええええ支援

201: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:20:05 ID:RY/fMq5OO
予想外の展開支援

206: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:24:15 ID:QW8uYv2FO
なんてこったい支援

208: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:26:31 ID:ycSo1PVR0
これは新しい…

209: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:28:28 ID:a2qs68Eo0
私・友・お「…(◦Д◦)」ポカーン
他社員「」
社「…」苦々しく首を振る

そこから美人子さんの波乱万丈な人生を
聞かされることになる。


小さい頃から性同一性障害?のせいで
親と折り合いがつかず仲が悪かった。
暴力を振るわれるなど日常茶飯事で、
とうとう16のとき恋人と駆け落ち。
ゲイバーで働くことに。
そこで美人子さんの人生の恩師である
ママに出会い、莫大な手術費用を貸してもらえることになった。

名前も変えたし今はもう正真正銘女。
が、手術費用を返すには
会社の給料だけでは到底追いつけない。
それを聞いた社長は
(涙もろく人情派。めっちゃ優しい気の良いおじさん。ハゲ)
特別に水商売などを許してくれることになった。

けど、雑誌なんかに迂闊にも乗ってしまい
会社を汚すことになってすみません。
もう会社は辞めます…。
とのことだった。

そこに大きな怒声が響き渡った。
「ちょっと待てーーーい!!!」

今まで空気だった謎男!!
厳重ロックだったドアを蹴散らしての登場!!

211: 名無しさんといつまでも一緒 投稿日:2009/10/12(月) 11:31:48 ID:iC61PKTI0
ありえない展開で・・・
謎男って もしかして・・・
おなべだったりして・・・

213: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:32:59 ID:QivoWY6bO
謎男が男前田な予感。

214: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:34:05 ID:2PZnG5/Z0
社長 ハゲか・・・
じゃ しかたないな。

216: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:35:30 ID:a2qs68Eo0
謎「美人子は悪くないだろ!?
雑誌に載ったのだって、別にモデルやってたんじゃなくて
たまたま美人子店に来たカメラマンが
記念に撮ってくれたやつがなんでかメインで
載っちゃっただけじゃねえか!なんで美人子が辞めるんだよ!」

社「謎男君!気持は分かるがドアを壊しては…」
美「謎男!そんなことしちゃ…」

えーとちょっと待って?
なんで謎男はそんな詳しいこと知ってんだ?
え?え?え?

私「ちょっと待って下さい…
謎男さん何でそんな知ってんすか。
カメラマンなの?取材した人なの?会社の人なの?」
謎・美「…あ」

え?何この空気。
二人とも見つめあって赤くなっちゃってるし。
なんで恥じらってんの?

美「実は…一緒に駆け落ちした恋人ってのが…」
謎「俺なんだ…男でも美人子が好きなのは
変わらなかったから…というわけで」

ポカーンともぬけの殻になってる友男に向き直って一言。
謎「友男ごめんな…今まで黙ってて」
友「あーうんあーうん」

壊れた…。でもそんな一件落着的な
和やかな空気をぶち壊すのもやっぱり
あの二人。

218: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:37:32 ID:5cQi/mhF0
その空気は一件落着的なのか?www

219: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:39:18 ID:VoZCieLmO
私子、冷静w
察しよすぎww そりゃ同席させられるわ

221: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:42:50 ID:a2qs68Eo0
友「ちょっと待ちなさいよ!そんなの納得いかない!」
お「特別って何なのよズルいわよ!
どうせ社長とも寝たんだろこの元男が!」
友「まじありえない!友男も騙されてたんでしょ!」
お「元男とか気持ち悪!死ね死ね!」

するとそのとき。
バァァァァン。
耳が割れるような音が響いた。社長が机を叩いたのだ。

社「よさないか!彼女も苦しんだんだ!
君たちがそこまで言う権利はないんだぞ!」

友男「俺は別に騙されたなんか思ってねえよ!
そんなこと言うお前らの方が気持ち悪いよ!」
謎「そうだ!それ以上言うんなら俺が許さねえぞ!」

他社員、私子含め「そうだそうだ!」

美「そんな…みんなそう思ってくれていたなんて…
絶対ばれると引かれるって思ってた…
ありがとう…ありがとうみんな…」


美人子号泣。抱きしめる謎男。
もらい泣きをする社長。

こうして修羅場は幕を閉じました…。
友子とお局様は泣いてたけど(悔しくて?)みなスルー。

222: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:44:30 ID:VoZCieLmO
友男・・・元凶がなにを言う?

223: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:45:33 ID:2PZnG5/Z0
漢の友情だな。

224: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:46:03 ID:5cQi/mhF0
友男、騙されてただろwwwwww
騙されてないって絶対うそだw

226: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:47:59 ID:PVwEXWp7O
お局は知らんが友子は可愛そうだなと思うなー。

227: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/10/12(月) 11:48:52 ID:a2qs68Eo0
今思えばカオスだなww
なんぞこれwww
ネタじゃないんだから世の中広いwww

後日談

友子とお局様は居辛いながらも
まだ会社を続けてます…。
少しはぶきましたが、友子とお局様は
キャバ嬢だとばれる前にも美人子に嫌がらせをしたり
なんかしていたため、
もしかすると首かも…なんて噂が立っている。
私は友子とCOしました。

美人子と謎男は交際順調。
友男は失恋でショックながらも
美人子や謎男とも仲良くやっています。

私子と彼男も交際順調…というか空気だがww

支援してくれた人ありがとう。
ここまで書くとヤバいんじゃね?と思う人、許可をとったので大丈夫です。