293: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/20(金) 01:49:47.86
ファミレスでトイレに入ったところ、
洋式の便座に茶色の点々がついているのが見えた。

どう見ても、●の跳ね返りに違いない形状で、
思わず見なかったことにして
別のトイレに行こうかとも思ったけど、
そこは除菌ジェルが備え付けてあったので、
後から来る人のためにも拭いておいてあげようかな…と思い、
ペーパーを多めにとってジェルをつけて掃除した。

そして何気なく、ペーパーホルダーの上の棚
(というか、小さなでっぱりみたいなもの)の上に、軽く手を触れた途端…
べちゃ、という感触が、指先にきた。

慌てて見ると、右手の薬指の先に…
茶色の粘液質のものがべっとりとついていて…。
もう、もう本当に、ショックで
声は出なかったけど、心の中では、
「いやあああああぁぁぁぁあああ!!!」
と絶叫していた…。

295: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/20(金) 01:52:26.50
「●が付いた!! ●が付いた!!」
と内心で叫びまくりながら、まず、
べっちょりと付いているソレをペーパーでぬぐって、
洗面所で石鹸で手を洗わなきゃ!
と思ってペーパーを引き出した時、
漫画とかに出てくる心の中の天使と悪魔のように、
私の中で、二つの声が会話を始めた。

「ちょっと待って。それ本当に、●なの? 
便器に跳ね返りがあったからって、それも同じとは限らないよ?」

「トイレに茶色の粘液質のブツがあったら、●に決まってるじゃない! 
とにかく、早く手を洗わなきゃ!」

「落ち着いて。今、ここで洗い流してしまったら、
二度と確かめることはできなくなるんだよ?
一生、私は●を触ってしまった~触ってしまった~って、
嫌な思い出になって、でももしかしたら違ったかも…と思っても、
もう確認できずに、一生、モヤモヤしたものを抱えていくことになるんだよ?」

「そんな…でも、確かめるったって、どうやって…」

「ここはひとつ、匂いを嗅いでみるしかないでしょう!」
「いやぁぁぁ! 他人の●のニオイ嗅ぐなんて、絶対嫌っっっ!」

296: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/20(金) 01:55:31.90
「他に確かめる方法はないでしょう! 
ファミレスなんだから、ソースとかを手に付けた人が
棚を触って移っちゃったのかもしれない。
そうだ、デザートバイキングに、
チョコレートクリームケーキがあったじゃない! 
もしかして、これの正体はチョコレートかもよ?」


「そんなわけない~~(涙)、トイレで茶色がべっちょり付くなんて、
●以外に考えられない~(涙)、とにかく嗅ぐのはいやぁ~(涙)」
「勇気を出しなさい、私!! もう二度と、チャンスはないんだよ!」
…と、本当に、こんな会話が頭の中で忙しく交わされた。
とうとう意を決して、指先を鼻の近くに持っていって、
本当に半泣きになりながら匂いを嗅いでみたら…。

ちょっ……ホントにチョコレートじゃん!!!

どう考えても混じりっけのない、
純粋なチョコレートの匂いでした。
よく見ると、茶色いものが付いていた棚は、
トイレに入った人が何気なく右手で触れるような場所にあるんですよね。

ケーキを食べた人が、手にチョコクリームが
ついてるのに気が付かずに触れたら、ちょうどこんな感じで付きそうな…。

でも、最初に便器についていた汚れが
先入観になってパニックになり、
自分的には、忘れられなくなりそうな修羅場でした。
長々と失礼しました。

298: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/20(金) 01:59:51.36
漫画の様なオチだなw

302: 名無しさん@HOME 投稿日:2012/01/20(金) 02:27:50.06
>>293
くっそわろたwww
勇気だしてかいでよかったねw