ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    440: 1/2 2010/10/20(水) 14:23:55
    私と新婦が不幸だった結婚式の話。
    私は新婦友人として披露宴から参加。

    本当は親族だけだったけど、仲が良かった私子だけは是非、ということで招待された。初めての友人の結婚式ということもあって、せっかくだからと母親から譲り受けた振袖を着ていくことにした。


    当日、席は新婦の従姉妹など年代の近い親族を集めたテーブルになり、みんな話しやすいきさくな人たちで居心地が悪いということもなく、料理もおいしくて、和やかに時間が流れていった。

    歓談の時間になり、新郎新婦が二人でテーブルに来てくれたときに「おめでとう!」って言ったんだけど新婦は「あぁ・・・うん・・・」みたいなちょっと浮かない返事。そのままお色直しのために退場。

    その時は「時間がせまってたのかな?」ぐらいにしか思ってなかった。



    そして新郎新婦がお色直しを終えて再入場し、落ち着いたころ。新婦母が挨拶まわりでテーブルにやってきた。

    「私子さんは○美(新婦)の大学時代のお友だちよね?」
    「はい、そうです。本日はおめでとうございます」
    「大学まで出たのに常識がないのね・・・」

    私は一瞬「???」となったが、すぐにはっとした。
    私の振袖のことだった。

    新婦のお色直し衣装は
    白地でピンクの模様の引き振袖。
    私が着ていた振袖は
    ベージュ地でオレンジの模様の振袖。

    「結婚式で白はNG」というのはドレスだけで、着物は柄が入っているから大丈夫と聞いていたのだが、さすがに白い引き振袖だとまずいとその時気がついた。

    【【不幸な結婚式】披露宴の振袖について考えさせられるレス】の続きを読む

    オススメ記事

    511: 名無しさん@HOME 2012/02/01(水) 11:55:21.70 O
    セクハラウトにプチDQ返し。

    期限付きの同居なんだけど、
    お尻触られたり胸を触られたり耐えられなくなった。
    しかもトメや旦那のいない時や見えないとこでしてくる。


    いい加減頭にきたので、
    ウト愛用の育毛剤にパイプユ〇ッシュを混ぜてやった。

    ほんの少しいれたつもりだったんだけど、効果は素晴らしかったです。
    見事なまだらハゲになりました。

    【【スカッとする話】パイプユニッシュでDQN返し】の続きを読む

    37: 名無しさん@HOME 2012/08/08(水) 10:25:32.95 0
    両親がダブル不倫していた。
    ある日、大学の講義も終わって家に帰ると母と知らない男の人。

    しかも衣服がはだけている…
    この時点で自分は母に対して信用度がゼロに。

    しかも「待って、これには事情が…」とわけわかめ。 物凄い衝撃的シーンだった。

    でも何故かその時父に言ってしまおうとかは思わなかったんだよね。 そんで、母とギクシャクしたまま半年経過。

    友人と少し遠くへ遊びに行ったとき、父が知らないオバサンと腕を組んでイチャイチャしていた。

    そして人目もはばからずキス。
    もう頭が真っ白。友人は気を利かせてくれてそのまま友人宅へ車で直行。

    決定的だったのは父の不倫相手が家に乗り込んできたとき。 「○○さん!いつ離婚するの!?」と怒鳴り込んできた。 父はアタフタ。母唖然。父の不倫相手は何故かドヤ顔。私はもう呆れる。

    母が急にキレて父に暴言。だけど父も母の浮気に気付いてたらしく
    「お前もだろうが!」とブチギレ。
    母が父の不倫相手に飛びつきそれを止める父。私はもう呆れて二階へ退散。

    あの時は「勝手にしてください」って感じだった。 その後両親が離婚することになり、父の不倫相手にも母にも子供が出来ていてどうしようもなく本当に呆れた。

    【【修羅場】 衣服がはだけた母!知らない男!!一方、父は・・・】の続きを読む

    378: おさかなくわえた名無しさん 2011/09/21(水) 19:33:42.88 ID:wNPLBw3S
    百年の恋というほどでもないですけど。

    友達の紹介で知り合った彼。

    私は今まで彼氏がいなかったので、とりあえずメル友からとメールを始めた。この時はまだ会ったことがなかった。 メールの内容からしてDQN(万引き自慢、イジメしてた等)だったが友達の紹介という手前、無下にもできなかった。

    付き合うつもりもなく、メールをするだけの関係にとどめるつもりだったが、友達が彼を連れて自宅に凸してきた。

    彼はどう見てもイジメられる側の人でした。
    けれどアホな私は「きっと自分を大きく見せるためについた嘘だったのね。男ならそれくらいのプライドあるわよね」と思い、特に気にしなかった。

    その後、友達の後押しもあり交際スタート。メル友時代の会話の数々が嘘だったとわかる。

    メールでは23歳と言っていたが、実際は26歳だった。
    「何人もの女と付き合っていた」といっていたが、本当は素人道程で付き合うのが私が初めてだった。

    それとデート中に「先輩がいる!」とそそくさと隠れた。私は放置。(先輩=学生時代のいじめっ子だったらしい。)

    何気ない会話の中で「jcの妹がいる」と言ったら、「姉妹丼できるじゃん」と喜ばれた。 ←ここで「コイツはおかしい」と思い距離を置き始めた。

    が、家を知っていたので「何でメールを返さない」と急に来るようになった。このままではいかん!と意を決して「別れたい」と告げると、彼は「距離を置きたいってことだよね、また会ってくれるよね」と泣きじゃくった。
    そのメソメソした彼を見て、何かが スッ とさめた。


    武勇伝()の時点で切っておけばよかったと後悔した17歳の夏。

    【【恋が冷めた瞬間】DQN武勇伝を語る明らかにイジメられる側の彼氏】の続きを読む

    このページのトップヘ