ネット恋愛まとめ

恋愛が苦手なワタクシが、ネット恋愛をまとめていきます

    314: おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2009/04/12(日) 21:42:35 ID:2/3jZ5ll
    19歳だった俺は当時からバイセクシャル(両性愛者)で、
    36歳の男性から告白された。

    前々から趣味の合う人だと思ってたから嬉しくて付き合うことに。

    でも彼の言動・行動はとても非常識で、
    学生の俺から見てもとても社会人、
    いや、36歳とは思えない人間性だった。

    バスの中で障害者に向かって大きな声で
    キモイだとか死ねだとか言ったり、
    レストランのウェイトレスにいきなり絡んで
    通報されてもおかしくないような事をしたり、
    電車の中で平気でゴミを散らかしたり、
    他人様に口から噴出したお茶ぶっかけて笑ってたり。しかも謝らないし

    行動を共にしてみるまではこんな非常識で
    恥ずかしい大人だとは思わなかったんだ。

    んである日衝撃の事実を告白された。
    そいつ4股してました・・・
    しかも既婚者で子供もいました・・・(奴もバイセクシャル)
    そして極めつけが、全く悪びれた様子がなく、
    むしろ自分は複数の人間を同時に愛せる
    器の大きい人間だと自慢気に誇り、
    俺を4人目の愛人として愛してあげると糞キモイ事を抜かしやがりました

    ・・・頭が真っ白になった。
    あまりにもキモイ事を言うもんだから、
    リアリティーが感じられなかった。

    こんな漫画やエロゲーに出てきそうな
    ハーレム脳が現実に存在しているとは・・・
    俺はこんな奴に惚れてた事が死ぬほど恥ずかしくなり、
    もう一言も口を交したくないっていうか、
    記憶から存在を消去したいくらいの気持ちで、
    電話番号もメアドも変え、何もつげず引っ越して一方的に別れました。

    【19歳だった俺は当時からバイセクシャル(両性愛者)で、36歳の男性から告白された・・・】の続きを読む

    オススメ記事

    900: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/05/11(月) 10:39:50 ID:3d9sRU8G0
    巻き込まれて個人的には修羅場だった話。スレチならすまん。

    朝青龍似の友人(30歳女性)が
    仕事で出会った取引先のイケメンに恋をした。

    朝青龍はそれまで男性と付き合ったことがなく、
    奥手なので面と向かってイケメンくんに告白はできない。

    だから携帯に「デートにつれてけ」コールしまくり、
    ラブメール攻撃をしてアピール。
    仕事相手だからイケメン君は着信拒否もできず、
    げっそりとやつれてしまった。
    イケメン君には学生時代からの
    長いつきあいの婚約者もいるのだが、朝青龍おかまいなし


    朝青龍は、上司に注意されようが、
    「どうせ自分はイケメン君と結婚して退職するんだから」と無視。
    友人に諫められようが、
    「恋を邪魔する権利は誰にもない」とさらにパワーアップ。

    誕生日に初心者丸出しのぐずぐず手編みのセーターを押しつける、
    待ち伏せして手作り弁当を投下、
    バレンタインデーにもスペシャル手作りスイーツを持参。
    女性に冷たくできないイケメン君、胃に穴が開いてとうとう吐血。

    【【修羅場】 朝青龍似の友人(30歳女性)が仕事で出会った取引先のイケメンに恋をした・・・】の続きを読む

    866: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/05/11(月) 00:36:04 ID:ZnlLlkNQO
    登場人物

    俺→俺、24歳社会人
    A子→俺彼女、21歳大学生


    付き合って2年目で俺は仲良くしてたつもりだった。
    A子はバイトをしてて、綿棒詰めるバイトって言われてた。
    ちなみに時給1500円。仕事も楽だし、時給もいいとのことで、
    A子はいつも金回りが良く、仕事中の時間でも普通にメールしてた。

    でも彼女を信じてたから、そんなもんだと思ってたし、
    ブランドのカバンが増えても、コピー商品で2千円だったと言われて信じてた。

    【【修羅場】 綿棒詰めるバイトをしていた彼女はやたらと金回りが良かった理由・・・】の続きを読む

    928: 恋人は名無しさん 投稿日:2009/03/03(火) 08:11:38 ID:ZF95LUM7O
    登場人物(修羅場時)
    自分(大学1年♂)
    1号(高校3年♀)
    2号(大学2年♀)

    A(26才♂)


    登場人物は全て予備校(地元)仲間。
    Aは働いてたけど大検を取るために入った。
    自分も訳あって自主退学して大検を取得。
    東京の大学に無事受かり、冬休みに地元に帰省した時、修羅場は起こった

    Aと1号は付き合って2年。
    予備校時代はみんなフレンドリーで、
    俺も当時の彼女と一緒にA&1号と
    ダブルデートしたり仲良く過ごしていた。

    Aはお世辞にもイケメンとは言えなかったが、
    話がうまくて優しくみんなから慕われていた。
    中でも2号から慕われていたようだった。

    【【修羅場】 予備校で和気あいあいと恋愛していた仲間が進学したその後・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ